中国 2020年1-5月輸入酒類について

 2020年7月6日、中国酒類輸出入商分会は「2020年1-5月輸入酒類の統計分析」を公表しました。そして、公開されたデータによって、輸入酒類の総額は前年同期と比較すると大幅に減少しました。ビールの輸入額は同期比22.30%減の24748.03万ドルにとどまりました。ワインの輸入額は68659.59万ドルで同期比33.31%を減らしました。スピリッツの輸入額は同期比33.36%減の35768.18万ドルとなります。2020年上半期の輸入酒類市場の状況は楽観的でありません。

 2020年1-5月、上位10か国からのスピリッツの輸入総額は35768.18万ドルになるが、同期比は33.36%を減らします。しかし、日本だけ見れば、スピリッツの輸入額は前年同期比8.2%増の837.96万ドルで、逆流で前進しています。

2020年1-5月日本から輸入するブランデーとウイスキー

スピリッツ

輸入量(万L)

輸入額(万ドル)

平均価格(US$/L)

数量の同期比

金額の同期比

平均価格の同期比

市場シェア

国家ランキング

ブランデー

0.94

19.43

20.73

3855.27%

1569.93%

-57.78%

0.10%

4

ウイスキー

31.96

439.22

13.74

13.03%

10.67%

-2.09%

6.46%

2

 この間に、上位10か国からのブランデーの輸入総額は20109.12万ドル、前年同期比43.47%を減らしました。だが、日本から輸入したブランデーの平均価格が降ろしたけど、輸入額の同期比は1569.93%を到達しました。

 2020年1月から5月まで、上位10か国からのウイスキーの総額輸入額は6803.07万ドル、同期比15.55%を減らしました。でも、日本のウイスキー輸入量はアメリカの423.02万ドルを超えて、439.22万ドルになりました。輸入国ではイギリスの5646.64万ドルに次いで、第2位になりました。

関連リンク