ニュース
  •  韓国の「化学物質の登録及び評価等に関する法律(K-REACH)」では、一般消費者向けの化学品等の一部を「危害憂慮製品」として指定し、品目別に安全・表示基準が定められています(... 詳細
  •  「中国RoHS 2」と呼ばれる「電器電子製品有害物質制限使用管理弁法(第32号令)」は去年7月1日から実施し始めました。中国RoHS 2は「合格管理目録」という制度を導入し、同目録に収録された製品に対して合格評価制度で管理しています。(第17条) 詳細
  •  Chemlinked Japanこの前の記事に報道したように、2017年3月30日、中国標準化研究院(CNIS)が「国家標準-消費品化学危害 制限要求」の草案を公布し、意見募集を行いました。11月2日に開かれたCRAC2017の消費品安全サブ会場で、... 詳細
  •  2017年11月9日、「毒性化学物質管理法(TCSCA)」改正案は台湾行政院で通過し、立法院(国会)に提出することになります。 詳細
  •  中国は世界有数の危険化学品生産・使用・輸出入及び消費大国です。2016年までの統計データによると、危険化学品関連企業は30万社近くに達しています(生産1.9万社・経営26.5万社・貯蔵0.55万社)。... 詳細
  •  11月1日の化学品環境安全管理サブ会場で、台湾「環資国際有限公司(ERI)」の副社長である倪雅恵氏が台湾化学物質管理の全体像と最近注目されている「新化学物質及び既有化学物質資料登録弁法」... 詳細
  • Ministry of Industry and Trade of Vietnam
     近日、ベトナム商工省(MOIT)が「国家化学品リスト草案」... 詳細
  •  CRAC 2017で、中国環境保護部廃棄物と化学品管理技術センターの盧玲氏が7号令の新データ要件のポイント及び企業の対応策について来場者に紹介しました。また、7号令今後の改正にもいくつかの考えを明らかにしました。   詳細
  •  『新化学物質環境管理弁法』(China NCSN)第二十条に基づいて、中国環境保護部(MEP)が11月3日に、2017年度第9組『新化学物質環境管理登記証』発行についての関係情報を公示しました。公示期間は11月6日までとなります。 詳細
  •  2017年11月1日、第九回グローバル化学品法規制年度サミット(CRAC2017)で、前・工業省工場局有害物質管理部部長のMs. Somsri Suwanjaras氏が「有害物質法 (B.E. 2535)」... 詳細
  • Ministry of Industry and Trade of Vietnam
    近日、ベトナム当局は「化学品法の詳細及び施行の手引きに関する政令」... 詳細
  •  「中華人民共和国統計法」と「中華人民共和国環境保護法」に基づいて制定した「全国汚染源普査条例(国務院令第508号)」第6条に、10年ごとに1回「全国汚染源全面調査」を行うことと定められています。調査の基準時点は調査開始年の12月31日となっています。 詳細
  •  企業の登録負担を軽減するため、韓国は2018年6月から3種類の化学物質のデータ要件を緩和する予定です。一方、510の第一組登録対象既存化学物質(PECs)のデータ要件に変化がありません。 詳細

ページ