ニュース

  •  K-REACHを実施した以来、韓国国内のメディアから多くの報道で厳しく批判されてきました。最近、一部のメディアは、K-REACH規制の下で単一の物質の最大登録料を約1000億ウォンとなり、... 詳細
  •  2019年11月4日、韓国産業安全衛生公団(OSHA)は「労働安全衛生法」(K-OSHA)に基づいて登録済み新規化学品のサプライチェーンの川下情報に対する調査作業の開始に関する通知を公布しました。 詳細
  • NZ EPA
     GHS改訂7版の採択を受け、2019年10月29日、ニュージーランド環境保護庁(EPA)は「ニュージーランドの有害物質分類システムを変更する計画案」を発表し、意見募集を開始しました。... 詳細
  •  今年2月25日に、中国応急管理部(MEM)と国家標準化管理委員会(SAC)は「危険化学品経営企業開業条件と技術要件」(GB18265-2000)を置き換えるために、「... 詳細
  •  タイの「有害物質法(HSA)」は有害化学品を4種類に分類し、「有害物質リスト」に収録しています。「有害物質リスト」は更に六つのリスト(リスト1~6)に分けられ、工場局(DIW)・農業局(DOA)・食品医薬品局(FDA)... 詳細
  •  2018年8月、中国は「青空防御戦を勝ち抜くための三年行動計画」を開始しました。この計画では、揮発性有機化合物(VOC)... 詳細
  •  2019年10月21日、韓国国立環境研究院 (NIER)は告示第2019-45号「化学物質の分類及び表示等に関する規定一部改定」を発表しました。即日発効することになります。 詳細
  •  2019年10月18日、中国工業情報化部(MIIT)は、RoHS 2の公共サービスプラットフォーム(以下、プラットフォームと略称)の試運転を開始しました。プラットフォームは、... 詳細
  •  韓国で年間製造量又は輸入量1トン以上の既存化学物質の事前登録は2019年6月30日に終了しました。韓国環境省(MoE)は最近、事前登録物質に関する概要を発表しました。 詳細
  •  中国各地で危険化学品による事故が相次ぐ中、当局も次々と手を打っています。今月16日、中国応急管理部(MEM)は「特別管制危険化学品目録(第1版)(意見募集稿)」を公開し、... 詳細
  •  2019年9月12日、台湾労働安全衛生局(MoL)は「優先管理化学品の指定及び管理弁法」の第8条に基づいて、10種類の特定優先管理化学品の取り扱い企業から追加の運用情報の提出を要求する通知を発表しました。 詳細
  •  2019年10月12日、中国化学品安全協会(CCSA)は「化学実験室安全管理規範(意見募集案)」(以下、規範と略称)を公布しました。この規範はCCSAによって制定した団体標準であり、意見募集の締切期限は2019年11月12日です。 詳細
  •  2019年9月、フィリピン環境天然資源省(DENR)の下部組織である環境管理局(EMB)は、「既存化学物質インベントリ(PICCS)2018年版」の追加物質リスト案を公開しました。合計31の化学物質となります。 詳細

ページ