中国 2020年10月の輸入拒否食品、化粧品について

 2020年11月24日、中国海関総署は、安全衛生項目には不合格が検出されたため、10月に輸入拒否された化粧品と食品のリストを発表しました。

 10月に拒否された化粧品は1件しかありません。これは要求通りに証明書又は合格証明材料を提供していないため、イタリアからの入浴用品が輸入拒否されました。

 食品リストには31の国/地域からの201件食品が記載されています。上位五つはベラルーシの38件、日本の20件、タイの20件、インドの16件、それと台湾地域の14件です。

 日本の20件中に、酒/飲料類、果物/野菜類、魚/肉類、砂糖類、とその他の種類の食品を含まれています。特に55%を占めるお酒/飲料類の食品は、ラベルの問題で輸入を拒否されたことが多いので、注意する必要があります。

                     

 なお、全体的に見て10月に輸入する食品を拒否された主な二つの理由は:

  1. 官能検査の不合格(16.9%)
  2. ラベル不合格(14.4%)

 また、「商品と証明書が一致しない」と「要求通りに証明書又は合格証明材料を提供していない」の原因で拒否された食品もそれぞれ9%を占めています。

関連リンク