中国 2017年度新化学物質年次報告、来年1月1日から開始

 2017年12月21日、中国環境保護部(MEP)の下部組織である固体廃棄物と化学品管理技術センター(SCC-MEP)が公式サイトで一つの通知を出し、7号令に基づいて行った中国新化学物質簡易申告及び危険類新化学物質(重点環境管理危険類新化学物質も含む)登記証の所持者に対して、2018年2月1日前に、2017年度該当物質の実際の生産及び輸入状況を報告することを注意を促しています。

 年次報告の提出は完全に電子化され(紙書類の郵送は不要)、専用のソフトウェアを利用し、Online提出となります。そのため、企業は提出した内容を追加/修正する際は、もう一度資料をアップロードすればいいです。Online提出は2018年1月1日から可能となります。期間内に年次報告を提出しなかった登記証所持者は10,000人民元の罰金を課せられる可能性があります。

当局は下記のように問い合わせ窓口を用意しています。

(1) 年次報告の内容についての問い合わせ

(2) ソフトウェアの技術的サポート

 

関係リンク: