ヘルシンキ化学品フォーラムと連携、CRAC-HCF 2020オンライン・サミット事前登録オープン

 2020年8月11日、REACH24Hとヘルシンキ化学品フォーラムが共同で主催するCRAC-HCF 2020特別Onlineサミットの事前登録が開始しました。参加費用が一切かからない上、2020年11月16日-12月10日という一か月に及ぶ会議期間中、八つの主題、75のテーマ、85名の講演者で、世界中の化学品・農薬・消毒剤・食品接触材料・化粧品管理の話題を取り上げ、インターネットを通じて何千人の参加者と交流することを実現する予定です。

 ヘルシンキ化学品フォーラム(Helsinki Chemicals Forum, HCF)は、2009年に欧州化学機関(ECHA)・欧州委員会(EC)・欧州化学工業理事会・フィンランド化学工業連合会・ヘルシンキ市政府及びヘルシンキ大学が共同で設立したフォーラムです。ヘルシンキ化学品フォーラムは、長年にわたって、化学物質リスク管理体系の社会的影響を政府規制のレベルから世界の化学産業及び市場運営までに拡大し、世界中でも非常に影響力あるハイレベルの対話プラットフォームになりました。

 一方、2009年から始まったREACH24Hコンサルティング・グループが主催するグローバル化学品法規年次サミット(Chemical Regulatory Annual Conference)は、国内外の化学主管当局の役人、専門家及び企業の関係者を集めて、世界中の化学品管理の最新状況を話し合い、貴重な経験を共有し、世界中に発信して、業界のグリーン、安全且つ持続可能な発展を促進しました。この11年間で、180を超える化学品管理機関が参加し、現在CRACは各国の間で化学品管理の交流と意見交換における重要な場となりつつあります。

以下のCRAC-HCF 2020の一部講演スケジュールの抜粋です。

日付 テーマ(予定)
11月23日(月) EU REACH 化学管理の新時代
  ロシア化学管理計画:Eurasia REACH
  トルコ化学管理管理:KKDIKの登録と監督要件
  イギリスEU離脱:UK-REACH実施計画
 
11月24日(火) 化学物質環境リスク評価と管理条例立法の進展及び監督思想
  12 号令及び主要関連書類の要点分析及び企業への影響とアドバイス
  台湾における化学物質管理規制の現状
  韓国 ARECs (K-REACH):既存化学物質共同登録の進展
 

**************************************************************************************

事前登録の方法:

下記何れのリンクをアクセスし、事前登録することが可能です。(無料)

リンク1(英語) リンク2(英語) リンク3(中国語) リンク4(中国語)

サミット当日の参加方法:

インターネットに接続するPC一台があれば、世界中のどこでも気軽に参加することが可能です。

 

関連リンク