中国 「化粧品衛生監督条例」を修正、非特殊用途化粧品(初回輸入)の備案制を明記

 2019年3月18日、中国国務院は「一部行政法則の改訂に関する決定」(以下、決定と略称)を公布し、その中の第45条には1989年版「化粧品衛生監督条例」(CSAR)に対する修正内容が記載されています。この決定は公布日から発効することになります。

関連リンク

全文をご覧いただくにはご登録が必要となります。