中国 2021年1月の輸入拒否食品、化粧品リストを発表

 2021年2月22日、中国海関総署は、安全衛生項目には不合格が検出されたため、今年1月に輸入拒否された化粧品と食品のリストを発表しました。

化粧品:

 1月に拒否された輸入化粧品は15件があるけれども、フランスからの化粧品だけで9件を占めています。しかも、半分以上のフランスの化粧品は使用期限を過ぎるため拒否されました。それ以外の輸入化粧品は「菌の群落総数・砒素が基準を超える」、又は「要求通りに証明書又は合格証明材料を提供していない」という理由で拒否されました。

食品:

 輸入拒否食品リストには34の国/地域からの184件食品が記載されています。上位五つのは中国香港地域の26件、日本の21件、中国台湾地域とアメリカそれぞれの19件、そしてオランダの15件です。

 今回、日本の21件食品は糖類、水産物、穀物製品及びその他の食品を含んでいます。詳細は以下となり。

食品

件数

拒否理由

糖類

3

  1. ラベルが不合格;

  2. 栄養強化剤ビタミンB2を限度量以上に使用する;

  3. 要求通りに証明書又は合格証明材料を提供していない;

水産物

1

  1. メチル水銀が基準を超える

穀物製品

13

  1. ラベルが不合格;

  2. 食品添加物としてのサフランイエローを限度量以上に使用する;

  3. 要求通りに証明書又は合格証明材料を提供していない;

  4. 菌の群落総数が基準を超える;

  5. 検査検疫許可証を得ない動物由来成分が含まれる;

その他 

4

  1. 要求通りに証明書又は合格証明材料を提供していない;

 また、全体的に見ると、34の国/地域から食品の主な拒否理由は:
1.検査検疫許可証を得ない/検査検疫許可証を得ない動物由来成分が含まれる(26件);

2.ラベルが不合格(25件);

3.食品添加物を限度量以上に使用する(20件);

 なお、リストに記載されている輸入拒否の化粧品・食品は、すべて積戻し又は廃棄処理されました。

関連リンク