中国 2020年上半期農産品の輸出入状況

 2020年8月5日、中華人民共和国農業農村部は2020年上半期農産品の輸出入状況を発表しました。データにより、産品の輸出入総額は、前年同期比7.4%増の1166.8億ドルになりました。この中、輸出額は3.8%減の354.2億ドル、輸入額は13.1%増の812.6億ドルでした。

 主な種類の輸出入状況は以下の通りです。

農産品種類

輸入額/億ドル

前年同期比

輸出額/億ドル

前年同期比

穀物 34.9 24.0% 6.2 -6.2%
棉花 15.9 -32.0% / /
砂糖 4.6 23.0% / /
食用油糧種子 196.4 11.9% 8.9 -3.7%
食用植物油 35.7 12.6% 1.2 -1.5%
野菜 5.3 11.2% 71.5 -1.0%
果物 66.7 11.6% 29.9 21.0%
畜産品 240.0 43.4% 26.4 -18.1%
水産品 79.1 -9.3% 84.5 -16.3%

 穀物では、小麦の輸入量は335.2万トンで前年同期比90.3%が増えました。

 食用油糧種子については、大豆の輸入量は17.7%増の454.4万トンに達しました。これに対して、セイヨウアブラナの輸入量は23.4%減少し、上半期の輸入量は147.5万トンでした。

 畜産品につきましては、豚肉の輸入量は大幅に増加し、207.4万トンに上りました。これは去年同期の1.5倍です。また、羊肉と粉ミルクの輸入量は少し減少しました。

関連リンク