シンガポール 重大危険源に「セーフティケース」を求める

 2017年9月1日、シンガポール人材省(MOM)が所轄する「職場の安全・健康(重大危険源)規則2017」が正式に発効し、重大危険源(MHIs)に対する一連のコンプライアンスを求め始めました。

 

全文をご覧いただくにはご登録が必要となります。