Webinar

台湾化学品規制2019:新規及び既存化学物質登録の解説と対応 ウェブセミナー 資料入手可能

無料
日付: 2019-05-30
講師: 複数
言語: 中国語・英語・日本語
価額: 無料

前書き

 2019年は台湾化学品管理分野における一つの節目とも言えます。3月11日に公布された「新規化学物質及び既有化学物質資料登録弁法(改正)」と同時に、台湾も本格的に既存物質第二段階登録(標準登録)に入りました。一方、上位法としての「毒性及関注化学物質管理法」も今年の1月に改正され、来年から正式に発効することになります。そんななか、企業は今後のコンプライアンス義務を円滑に果たすために、新規物質と既存物質の登録どちらについても、最新の動向を含めて体系的的に把握することが求められています。

 一昨年に続いて、弊社は今年も台湾環資国際有限公司から講師をお招きし、弊社の法規制研究員と共に、三か国語(中・日・英)でセミナーを開催いたします。今回は台湾化学物質管理の全体像から、近年の法規制の変化及び化学物質登録の具体的な内容まで解説いたします。台湾化学物質登録に関する基礎知識を改めて確かなものにするとともに、最新情報を着実に把握し、今後の対応を円滑に実施するための絶好の機会となれば幸いです。皆様の参加をお待ちしております。

講演内容

  • 「毒性及関注化学物質管理法」の改正;
  • 新規及び既存物質登録の概要;
  • 新規及び既存物質登録の変化;
  • 化学物質登録に関するよくある質問。

開催日程

日付 時間(GMT+9) 言語 受講申し込み
2019年5月30日(木) 11:00-12:00 中国語 終了
15:00-16:00 日本語 終了
22:30-23:30 英語 終了

講演者(中国語)

洪 偉毅(Dr. Wei-I Hun)

環資国際有限公司 補佐

台湾中原大学の化学専攻で学士・修士・博士課程を終え、博士号を取得した以外、北京大学で一年間の交換研究も経た。10年以上の学術と工業研究の経験を持ち、20件以上の学術論文及び著書が発表されていr。2017年から、環資国際有限公司の補佐として、登録資料の審査と共に、企業と当局のコミュニケーション役を担当してきた。

 

王 聖铨(Mr. Sheng-Cyuan Tony Wang)

環資国際有限公司 プロジェクト・マネージャー

国立清華大学(台湾)と国立中央大学(台湾)でそれぞれ学士と修士課程を終えた後、3年間の学術研究を経た。2014年から台湾環境保護署の化学物質登録のプロジェクト・マネージャーを担当し始めた。台湾化学物質管理の法規制の変化と伴い、豊富な経験を募っている。普段は登録資料の審査にも参加している。

講演者(日本語)

陸 蓓綺(リク バイキ)(Ms. Beiqi Lu)

日本事業部 コンサルタント

REACH24H杭州本社

現在は日本企業向けのコンサルタントとして、主にグローバルGHS、中国危険化学品登記、中国新化学物質申告、台湾既存・新化学物質登録、食品接触材法規などのコンサルティングサービスを担当している。

 

講演者(英語)

何 璐(Ms. Nadine He)

法規制研究員/編集者

REACH24H杭州本社

長年、Chemlinkedグローバルサイトの法規制研究員と上級編集者として活躍してきた。アジア太平洋地域の化学品に関する法規制をモニタリングし、最新の情報を発信して続けている。特に台湾・韓国の法規制に詳しく、大量な情報から本質を見抜くことが得意。

主催者情報

REACH24Hコンサルティング・グループ

 REACH24Hコンサルティング・グループは中国杭州市に本拠地を置くグローバルな技術サービス提供業者です。アイランド・アメリカ・中国台湾にも子会社が持ち、毒物学・安全評価・リスクアセスメントの専門家が多数在籍中です。24時間+グローバルの対応体制で、お客様にワンストップの国際市場進出サポートを提供しています。既に工業化学品・農薬と殺生物製品・化粧品・食品と食品接触材料・消費品など複数の業界をカバーしており、製品の登録から、法規制の情報提供、セミナー、そして、情報技術をベースとするサプライチェーン管理システムまでのサービスを提供しています。

 “コンプライアンスによる価値創造- Value in Compliance”という弊社の企業理念が示したように、会社が立ち上げる以来、世界各国数多くの政府機関・協会・社会団体に技術サポートを提供し、6000を超える取引先と信頼関係を結び、何万個の製品登録・登記及びコンサルティングプロジェクトを完成してきました。今後も引続きお客様に沿ったの効率高いソリューションを提供し、世界経済の持続可能な発展を貢献していきたいと思っております。