中国 食品新原料と添加物の意見募集稿を発表

 2020年12月末、中国国家食品安全リスク評価センターは食品新原料ヘマトコッカスプルビアリス油(Haematococcus pluvialis oil)及び食品添加物プロテアーゼ(Protease)、ホスホイノシタイド PLC(Phosphoinositide phospholipase C)に関する意見募集を行います。そして、食品新原料ヘマトコッカスプルビアリス油に関する意見募集の締め切り日は2021年1月28日で、二つの添加物の締め切り日は2021年1月16日です。

 

食品新原料:

中国名

雨生红球藻油

英語名

Haematococcus pluvialis oil

ソース

ヘマトコッカスプルビアリス

召し上がり量

≤240 mg/日

品質要求

特性:暗赤色の油性液体

アスタキサンチンの総含有量:≥5%

オールトランスアスタキサンチンの含有量

 ヘマトコッカスプルビアリス油を乳児用食品に使用するための安全性データが不十分ですから、使用範囲には乳児用食品は含まれません。また、この原料の食品安全指数は、中国の現在の国家食品安全基準における植物油の関連規制に従って実施されています。

 

食品添加物:

番号

酵素

ソース

プロテアーゼ

枯草菌

ホスホイノシタイド PLC

ホスホイノシタイド PLC

 また、食品産業向けの酵素製剤の品質は「食品安全国家標準 食品添加物 食品産業向け酵素製剤」(GB 1886.174) の要件を満たす必要があります。

 

関連リンク