中国 七つの非鉄金属製錬業の汚染排出許可証申請と審査技術規範を公布

 2017年12月27日、中国環境保護部(MEP)が七つの非鉄金属製錬業の汚染排出許可証申請と審査技術規範(HJ-中国の環境保護業界標準)を公布し、同日発効することになりました。

七つの技術規範の一覧と本文は以下となります。

  1. 汚染排出許可証申請と審査技術規範 非鉄金属工業―――チタン製錬(HJ935-2017)
  2. 汚染排出許可証申請と審査技術規範 非鉄金属工業―――水銀製錬(HJ931-2017)
  3. 汚染排出許可証申請と審査技術規範 非鉄金属工業―――マグネシウム製錬(HJ933-2017)
  4. 汚染排出許可証申請と審査技術規範 非鉄金属工業―――ニッケル製錬(HJ934-2017)
  5. 汚染排出許可証申請と審査技術規範 非鉄金属工業―――スズ製錬(HJ936-2017)
  6. 汚染排出許可証申請と審査技術規範 非鉄金属工業―――コバルト製錬(HJ937-2017)
  7. 汚染排出許可証申請と審査技術規範 非鉄金属工業―――アンチモン製錬(HJ938-2017)

 以上の七つに加え、2017年9月末に三つ(鉛と亜鉛アルミニウム)の非鉄金属製錬業の汚染排出許可証申請と審査技術規範が公表されました。これらの技術規範は2016年年末に配布された「汚染物排出許可制実施方案(国弁発2016-81号)」の運用をサポートすることになります。内容としては、許可証の申請と発行の技術要件の他、自己モニタリング・記録管理・報告制度なども盛り込まれています。

 現在、次々と公布されてきた技術規範は既に製薬・革製品製造と加工・農薬製造・食品加工・肥料工業・メッキ・石油化学など多くの業界に及んでいます。カバーする範囲も今後引き続き拡大する見込みです。