上海 長江流域における危険物輸送、禁止対象の判定をサポート

 2021年3月1日に「中華人民共和国長江保護法」が施行され、同法第51条第2項において「長江流域を通じて、高毒性の化学品やその他の内陸水路輸送が禁止されている危険化学品を輸送することを禁止する」と規定されています。上海海事局(MSA)は同法の要求を踏まえ、上海港内のすべての船会社に向けて通知を出し、2021年3月1日から、船積みの対象化学品を長江の上海エリア(外高橋港区を含む)を入出、通過、中継ぎすることを禁止しました。規制に違反すると、最高200万人民元の罰則が科され、重大事件の場合は関連免許が取り消しになる可能性もあります。
 対象となる「高毒性の化学品やその他の内陸水路輸送が禁止されている危険化学品」は主に下記二つの部分を指しています。

  • 《危険化学品目録》(2015版)--劇毒部分
  • 《内陸河川の輸送禁止危険化学品目録》(2019版)

 それ以外、一定の条件を満たした化学品も輸送禁止の対象になります。また、混合物の場合、判定はさらに複雑となり、全成分開示にするかどうかにより、判定結果が変わる場合もあります。

 実施からほぼ二ヶ月を過ぎた現在、現場での戸惑いの声もまだ残っています。ここで、弊社REACH24Hコンサルティング・グループが長江流域輸送禁止判定サービス(有料)の提供を開始いたしました。こちらの調査票に必要な情報を記入いただき、弊社の専門家による個別な判定を受けることが可能です。納期や料金についてはchenyingjia@reach24h.comまでお気軽にお問い合わせください。

関連リンク