中国 不正行為を厳しく罰して環境評価品質を向上させることに関する意見(意見募集案)を公開

 2020年9月1日、中国生態環境部(MEE)は「不正行為を厳しく罰して環境評価品質を向上させることに関する意見(意見募集案)」を公開しました。そして、意見募集の締切期限は2020年9月10日まで設けられています。

 意見では、環境評価書類の盗用、肝心内容の漏れ、データ結論の偽造、作業手順の間違いなどの不正行為を明確に記載され、厳格に賞罰することを規定しています。そして、建設業者は環境評価作業の中で主要責任を負うことも強調しています。

 本意見を実行するために、環境評価で全プロセスの追跡管理メカニズムの確立も明記されています。環境評価で不正が発覚される場合、環境評価書類編集、評価、承認プロセス、及び各段階の関連機構と責任者を整理し、作業プロセスのコンプライアンスを判定、関連機構と人員の責任履行状況を明確します。責任機構と人員が「ダブル処罰制度」の管理対象となります。また、「信用管理制度」を強化し、環境影響評価信用プラットフォームに基づいて、環境影響評価で「レッドリスト」と「ブラックリスト」を設置して定期的に公開します。そして、全国範囲に適用する不正処罰メカニズムを実装する予定があります。

関連リンク