中国 6種の物質が易制毒化学品品種目録に追加

 2021年5月28日、中国国務院弁公庁は、α-フェニルアセト酢酸メチルなど6種の物質が易制毒化学品品種目録に収録されることの承認に関する通知を公布しました。

 今回の通知では、国務院は易制毒化学品管理条例第2条の規定に従って、易制毒化学品管理条例の附属書「易制毒化学品の分類及び品種目録」にα-フェニルアセト酢酸メチル、α-アセトアセトアニリド、3,4-メチレンジオキシフェニル-2-アセトングリシジン酸、3,4-メチレンジオキシフェニル-2-アセトングリシジルエステルが第2類易制毒化学品、ベンジル アセトニトリル、γ-ブチロラクトンが第3類易制毒化学品として追加されました。

 中国では、易制毒化学品の生産、取扱、購入、輸送及び輸入、輸出について分類管 理及び許可制度を実行しています。易制毒化学品は三種類に分かれています。第一類は麻薬製造に使用できる主原料であり、 第二類と第三類は麻薬製造に使用できる化学配合剤です。

 そして、易制毒化学品の分類及び品種を調整する必要がある場合、国務院公安部門が国務院食 品薬品監督管理部門、安全生産監督管理部門、商務主管部門、衛生主管部門及び税関総署 と共同で提案し、国務院に報告してその許可を求める必要があります。

関連リンク