ニュース
台湾地区 皮膚刺激・腐食および眼刺激に、非動物試験を優先する可能性があり

 動物実験の削減の一環として、台湾地区の化学規制当局は最近、2つの手引の草案を公開しました。これらの手引文書は、台湾における「毒性及び懸念化学物質管理法」および「新規および既存化学物質資料登録弁法」の下で、化学物質登録要件を満たすために企業が非動物代替試験方法を利用するのを支援することを目的としています。

有料会員へのアップグレードが必要です
該当コンテンツをご閲覧いただくには有料会員へのアップグレードが必要です。有料会員は法規制データベースの利用や、Ebookを無料ダウンロードできるほか、本サイトすべての機能を制限なしでご利用いただけます。14日間無料トライアルを希望される方はこちらをクリックして申し込みページにお進みください。
ログイン 新規登録へ
杜業翔(ト ギョウショウ)
法規制コンサルタント/Chemlinked Japan編集
フォロー
本サイトは情報提供のみを目的としており、掲載内容の運用結果についてREACH24Hおよび著者は一切の責任を負いません。また、当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
お勧めのコンテンツ