台湾 既有化学物資標準登録資料作成ガイダンス、実験室への要件が緩和

 二回の草案を経て、当局は元々今年の初頭に「新化学物質及び既存化学物質資料登録弁法」の下位ガイダンスの正式版を公布する計画でしたが、コロナの影響で一旦延期せざるを得ませんでした。2020年6月9日、台湾EPAに属する毒物及び化学物質局はようやく「既有化学物資標準登録資料作成ガイダンス第一版」を公布しました。

関連リンク

全文をご覧いただくにはご登録が必要となります。