タイ 化学品安全性データの相互受理(MAD)に正式に参加

 MADが最初に採択されたのは1981年でした。試験の重複を避け、政府と企業の負担を軽減することは目的です。当時はOECD加盟国の間に留まっていたこの制度は、1997年に見直され、OECD非加盟国も参加できるようになりました。

関連リンク

全文をご覧いただくにはご登録が必要となります。