米中の貿易摩擦がエスカレート、影響を受けた化学品は?

 2019年5月9日、アメリカ政府は中国からの2,000億ドル相当の輸入品に対する関税を10%から25%に引き上げたこと発表し、翌日から実施することになりました。今回の関税引き上げには、米東部時間10日午前0時1分以前に出航した貨物については追加の部分は適用しないということです。

 それを受けて、中国側は記者会見や、国営メディアなどを通じて厳しく非難したと同時に、報復措置も取り始めました。5月13日、中国の「国務院関税税則委員会」が税委会公告〔2019〕3号を出し、2019年6月1日から600億ドル相当のアメリカからの輸入品への関税率を最大25%に引き上げると発表しました。

 では、今回の関税引き上げに影響を受けた化学品はどのぐらいにあるでしょうか。まず、アメリカが発表した2,000億ドル相当の輸入品の内、1,364品目の化学品とプラスチックが含まれており、2017年の輸入金額は合計132億ドルに上ります。一方、中国の600億ドルの報復関税の内、エピクロロヒドリン(25%増税)・無水酢酸(20%増税)・イソブチルアルコール(10%増税)を始め、1,000品目以上の工業化学品に及ぼしていることがわかりました。