Webinar

中国 7号令の改正案と今後の行方 ウェブセミナー 資料入手可能

無料
日付: 2019-08-22
講師: 張祺為
言語: 日本語
価額: 無料

前書き

 2010年10月15日から発効した「新化学物質環境管理弁法(7号令)」は、現状中国での新規化学物質を管理する最上位法規制であるため、その動向も注目されています。とは言え、生態環境部が今年7月9日に出した改正意見募集案はやはり業界に驚きをもって迎えられました。待ち望んだものが突如に手に入れたような嬉しいと戸惑いが交錯するような気持ちは誰でも少し感じたのではないでしょうか。

 改正はどの方向に向かっているのか?期待した変化は実現されているか?他の法規制との連携はどうなるのか?など、これらの質問は自然に湧いてくるものです。今回、Chemlinked Japanは実務経験が豊富な社内専門家と共に、無料ウェブセミナーを開催することにいたしました。7号令の改正意見募集案に関わる詳細な内容をはじめ、個々のよくある疑問点を解説いたします。あくまでも意見募集案という段階であるため、最終的な当局の決定を保証できることはできませんが、現段階の情報と弊社の多くの経験に基づく予測をまとめて、参考材料として皆様にご提供出来れば幸いです。ご参加お待ちしております。

講演内容

  • 改正の背景と現在の進捗状況
  • 改正案内容の解説
  • コンプライアンス対応のアドバイス

開催日程

日付 時間(GMT+9) 言語 受講申し込み
2019年8月22日(木) 15:00-16:00 日本語 終了

ご注意:今年7月より、Chemlinked Japanのウェブセミナーに使用するシステムは従来の「GoToWebinar」から「Zoom」に切り替わることになります。予めご了承ください。

講演者

張祺為(チョウ キイ)

REACH24H杭州本社

日本事業部 コンサルタント

現在、主に中国新化学物質申告、台湾新規・既存化学物質登録、中国危険化学品登記、グローバルGHSなどの法規対応を担当し、日系企業に向け、コンサルティングサービスを提供している。

主催者情報

REACH24Hコンサルティング・グループ

 REACH24Hコンサルティング・グループは中国杭州市に本拠地を置くグローバルな技術サービス提供業者です。アイランド・アメリカ・中国台湾にも子会社が持ち、毒物学・安全評価・リスクアセスメントの専門家が多数在籍中です。24時間+グローバルの対応体制で、お客様にワンストップの国際市場進出サポートを提供しています。既に工業化学品・農薬と殺生物製品・化粧品・食品と食品接触材料・消費品など複数の業界をカバーしており、製品の登録から、法規制の情報提供、セミナー、そして、情報技術をベースとするサプライチェーン管理システムまでのサービスを提供しています。

 “コンプライアンスによる価値創造- Value in Compliance”という弊社の企業理念が示したように、会社が立ち上げる以来、世界各国数多くの政府機関・協会・社会団体に技術サポートを提供し、6000を超える取引先と信頼関係を結び、何万個の製品登録・登記及びコンサルティングプロジェクトを完成してきました。今後も引続きお客様に沿ったの効率高いソリューションを提供し、世界経済の持続可能な発展を貢献していきたいと思っております。