マレシーア GHS

 背景

 マレーシアでGHSを実施するために、通商産業省(MITI)によって国家調整委員会は2006年に設立されました。2010年、MITIはマレーシアにおけるGHS実施路線図(MyGHS)を制定しました。そして、路線図では、実施計画の全体像を示し、各関係機構の役割も明記しました。工業の現場管理は、最優先実行として、労働安全衛生部(DOSH)の行政管轄下に置かれました。

 DOSHは、2013年10月11日に「労働安全衛生(危険化学物質の分類、ラベル、安全データシート)規則2013」(CLASS規則)を発行し、職場でのGHS導入を推進しました。そのサポート技術基準とガイダンスである「化学物質分類と危険有害性に関する業界行動規範(CLASS ICOP)」は、UN GHS Rev.3(2009)に基づいて作成され、2014年4月10日に公布されました。当局は、2014年4月17日から2015年4月16日までのコンプライアンス移行期間を予定していました。主な義務は以下となり、この中、2015年に製造・輸入された有害化学物質については、2016年3月31日までに有害化学物質目録の申告が必要です。

                               図1-CLASS規則の適用範囲と主要義務

 

 MyGHS路線図が作成される前に、化学物質管理に関連する他の取り組みもマレーシアでのGHS実施におけて引き続き活用します。そして、国連GHSの第2改訂版に従って、化学物質の分類とラベルに関するマレシーア基準(MS 1804:2008)を策定しました。また、環境部(DOE)は、GHS分類などに関する情報を収集するために、2008年から任意性環境有害物質通知と登録(EHSNR)計画を実施しました。

 現在、DOEとDOSHは、EHSNR計画とCLASS規制に基づく有害化学物質の在庫に関する通知を1つの機構の管轄下の登録システムに統合しました。

 規制更新

 コンプライアンスに関するアドバイス

  • マレシーアでの関連化学規制を明確する
  • 実用性があるアドバイス
  • 国連GHSとマレーシアGHSの違い点