中国 検査が必要の輸出入商品目録を調整

 2021 年 6 月 1 日、中国税関総署 (GAC) は、検査が必要の輸出入商品目録の調整に関する公告(2021年第39号)を公布しました。今回の調整は、中国輸出入商品検査法及びその実施条例に従って行われ、2021 年 6 月 10 日から発効されます。

 公告及び附属の商品目録により、234 品目輸入貨物の検査要件が取消され、その他の8 品目と 24 品目については、新たな輸出入検査要件が追加されました。公告の詳細は以下となります。

  • 機械・電気製品、金属材料、化学品、人工宝飾品など234件の10桁税関商品コードについて、監督条件「A」が解除され、税関は関連商品の輸入検査を実施しない;
  • 輸入リサイクル原料に関わる7件の10桁税関商品コードに監督条件「A」が追加され、税関は関連商品の輸入商品検査を実施する;
  • 輸出ピレット、鋳鉄に係る24件の10桁税関商品コードに税関監督条件「B」が追加され、税関は関連商品の輸出商品検査を行うものとする。

 上記のように、税関監視条件「A」および「B」は、それぞれ関連商品の輸出入検査の要件を指します。これらの商品については、対応の検査と検疫に合格し、輸入又は輸出の前に入出庫貨物通関フォームを取得する必要があります。

 

関連リンク