中国 グリーン製品標識の使用規格を発表

 2019年5月5日、中国市場監督管理総局(SAMR)は「グリーン製品標識使用管理弁法」(以下、弁法と略称)を発表しました。弁法はグリーン製品標識の様式・使用要件と監督管理規格を規定しており、2019年6月1日から実施することになります。また、グリーン製品標識付けの食品にも適用する予定です。

 

グリーン製品標識の詳細は以下となります。

  定義 標識様式
認証活動1 該当製品は「中国グリーン製品認証目録」に記載されており、認証機構はSAMRが公開した「グリーン製品認証規則」に基づき認証を行う
認証活動2 SAMRは関連部門と共同に、有機、環境、リサイクルなどの「グリーン属性」に関する認証制度を確立し、認証機構はその制度に基づき認証を行う
申請者は標識に他の情報があるかどうかを明確しなければならい
その他 その他のグリーン属性合格判定 グリーン製品標識を使用する場合、相応の制度に基づいて方案で明確に定義する

 特殊な場合を除いて、業者は印刷、金属プレス加工及びその他の技術を通じて、製品本体、ネームプレート、包装、添付書類(説明証、合格証など)と電子商取引プラットフォームなどにグリーン製品標識を使用することができます。

関連リンク