中国 46の越境電子商取引総合試験区を新設

 2020年4月7日に開催された国務院常務会議にて、新型コロナウイルスの影響で、世界経済と国際貿易に深刻なショックを受けるため、56の越境電子商取引総合試験区(以下、試験区と略称)の上で、さらに46の試験区を新設する決議を可決しました。

 2020年5月6日に、国務院がこの46の試験区を発表しました。詳細は以下となります。

省(自治区)

城市

承認日

浙江

湖州

20204月7日

20204月7日

衢州

20204月7日

台州

20204月7日

20204月7日

河南

南阳

20204月7日

安徽

20204月7日

广

梅州

20204月7日

惠州

20204月7日

中山

20204月7日

20204月7日

湛江

20204月7日

茂名

20204月7日

20204月7日

四川

德阳

20204月7日

綿

20204月7日

20204月7日

盘锦

20204月7日

20204月7日

20204月7日

20204月7日

江蘇

常州

20204月7日

云港

20204月7日

淮安

20204月7日

20204月7日

宿迁

20204月7日

内蒙古自治区

洲里

20204月7日

吉林

吉林

20204月7日

黒河

20204月7日

江西

九江

20204月7日

湖北

宜昌

20204月7日

湖南

湘潭

20204月7日

郴州

20204月7日

广西壮族自治区

崇左

20204月7日

海南

20204月7日

20204月7日

云南

德宏

20204月7日

山西

延安

20204月7日

天水

20204月7日

福建

漳州

20204月7日

莆田

20204月7日

20204月7日

河北

雄安新区

20204月7日

山西

大同

20204月7日

青海

西寧

20204月7日

新疆族自治区

乌鲁

20204月7日

 今、86の城市と海南島全体しか越境電子商取引試行政策に適合してはないけど、試験区にあった合格城市は遅かれ早かれ試行城市になります。

関連リンク