中国 3の固体廃棄物汚染管理標準を公布

 2020年12月17日、中国生態環境部(MEE)は国家市場監督管理総局(SAMR)と共同で「中国環境保護法」、「中国固体廃棄物汚染環境防治法」を着実に推進するために、「一般工業固体廃棄物貯蔵と埋立汚染管理標準」(GB 18599-2020)、「危険廃棄物焼却汚染管理標準」(GB 18484-2020)、「医療廃棄物処理処置汚染管理標準」(GB 39707-2020) 3の固体廃棄物汚染管理の強制標準を公布しました。

 関連法律によって、この3つの標準は強制執行効力があります。そして、これらの標準が2021年7月1日から発効され、同時に「一般工業固体廃棄物貯蔵、処置場汚染管理標準》(GB 18599-2001)、「危険廃棄物焼却汚染管理標準」(GB 18484-2001)を廃止する予定です。

  • GB 18599-2020

 本標準(GB 18599-2001)は2001年に発行され、今回は初修正となります。本標準は一般工業固体廃棄物貯蔵場、埋立場の場所、建設、運行、閉鎖、土地開拓などの過程の環境保護要件、と代替貯蔵、埋立処置の一般工業固体廃棄物充填と埋め戻しの環境保護要件、及び観測要件と実施と監督などの内容を規定しています。

  • GB 18484-2020

 本標準は、危険廃棄物焼却施設の設置場所の選択、運用、観測と廃棄物の貯蔵、合併及び焼却処置過程の生態環境保護要件、及びに実施と監督などの内容を規定しています。本標準は1999年に公開され、2001に初回改訂を行いました。今回は、2回目の修正となります。

  • GB 39707-2020

 本標準は、医療廃棄物の処理及び処置施設場所の選択、運行、観測と廃棄物の受入、貯蔵及び処理処置過程の生態環境保護の要件、及び実施と監督などの内容を規定しています。

関連リンク