ニュース
シンガポール 2025年までメトキシクロル、デクロランプラス、UV-328を禁止

 シンガポール国立環境庁(NEA)は最近、ストックホルム条約に基づく持続可能な有機汚染物質(POPs)に関する国のコミットメントについて重要な更新を発表しました。メトキシクロル、デクロランプラス、UV-328及びこれらを含む製品に対する禁止措置の有効日が2025年2月26日に修正されました。

有料会員へのアップグレードが必要です
該当コンテンツをご閲覧いただくには有料会員へのアップグレードが必要です。有料会員は法規制データベースの利用や、Ebookを無料ダウンロードできるほか、本サイトすべての機能を制限なしでご利用いただけます。14日間無料トライアルを希望される方はこちらをクリックして申し込みページにお進みください。
ログイン 新規登録へ
杜業翔(ト ギョウショウ)
法規制コンサルタント/Chemlinked Japan編集
フォロー
本サイトは情報提供のみを目的としており、掲載内容の運用結果についてREACH24Hおよび著者は一切の責任を負いません。また、当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
お勧めのコンテンツ