ニュージーランド 18の有害物質を再評価

 2020年6月18日、ニュージーランド環境保護部(EPA)は、再評価基準を満たしている18種の有害物質を確定することに関る通知を公布しました。物質リストについて、こちらを参照ください。

 EPAは既存の情報に基づいて、薬、燻蒸剤、獣医薬、化粧品などの18種の危害分類を調整する必要があると判定しています。また、EPAは、再評価のために特定された有害物質の1つであるティーツリーオイルを使用して、これらの変動に従ってどのような変化を従うかを示します。ティーツリーオイルの危害性分類の変更について、吸入警告の追加が含まれる予定があります。これは、物質を大量に扱う製造業者に利益をもたらし、そして、少量のティーツリーオイルしか使用しない消費者にはほとんど影響を与えません。

 そして、再評価の申請は、既存の承認の一部のみを変更でき、既存の承認を取り消すことも、物質を禁止することもできません。