「ケミカルマテリアル Japan2021」 二度目のオンライン出展、今年も法規制情報が満載

 去年の続いて、今年の「化学物質管理ミーティング」も化学工業日報社様が主催する「ケミカルマテリアル Japan2021 -ONLINE-」の一部として、オンライン開催することになっています。開催期間中(2021年10月18日ー29日)、弊社は去年と同じ、バーチャルブースを設置し、皆様のご来場をお待ちしております。

 今年も実際の場で皆様と交流を深めることができず、大変残念ですが、引き続きオンライン開催の特徴を生かし、盛り沢山のコンテンツを用意しおりますので、是非一度弊社「REACH24H CONSULTING GROUP」のブースに足を運んでください。

 以下は予定している一部のコンテンツのタイトルです。また、具体的なご質問などがある方は、ブースに設置された「お問い合わせ」機能をご利用し、弊社の担当者に連絡することが可能です。

  • 《新化学物質環境管理登記弁法》(12号令)及び指南の解読
  • 台湾新化学物質及び既有化学物質資料登録弁法」修正草案説明会
  • 欧州REACH-like法体制実施の現状(EU/UK/トルコ)
  • K-REACHの最新動向及びコンプライアンスの対応について 
  • 中国における易制毒(麻薬類)化学品管理とそのコンプライアンス義務 
  • 塗料、インク、接着剤、洗浄剤など製品のVOCs制限値標準に関する解読
  • 基礎から学ぶ、化学品の危険有害性分類および情報伝達

来場者登録:https://www.chemmate.jp/online/visitor/entry

弊社のブース

「ケミカルマテリアルJapan2021-ONLINE-」について

「ケミカルマテリアルJapan2021-ONLINE-」は、未来に向けたビジネスを創出する「先端化学材料・素材総合展」、
化学物質にフォーカスした「化学物質管理ミーティング」、生産現場の安全を多角的に考える「産業安全フォーラム」、
社会の幅広い層に化学への理解を深めていただく「《化学の日/化学週間》記念ケミカルフォーラム」から構成される
「化学が主役」のオンライン展示会です。