ウェブセミナー
2023-06-20
中国:輸入危険化学品に対する検査方式の改革に関する解説 ウェブセミナー
言語:日本語
講師:杜業翔(ト ギョウショウ)
20,000円
新規登録/ログインしてから参加申込または資料の確認が可能です。
前書き

 2023年4月7日、中国税関総署(GAC)は、「輸入危険化学品検験監督管理の更なる強化に関する公告(2023年第29号)」を公布し、2023年4月13日より、中国全土で輸入危険化学品に対して、「港での書類審査+港での実物検査または最終目的地での実物検査」方式を実施することを発表しました。税関は輸入される危険化学品の性質や包装形態に応じて、実物検査を実施する場所と割合を決定していきます。

 輸入危険化学品に対する実物検査は税関に大きな負担を掛けており、通関の効率アップを妨げる一つの原因にもなっています。また、危険化学品は通関待ちの状態で港区の倉庫内に大量滞留することは、港全体の安全リスクを高めています。この問題を解決するために、上海税関は去年11月にGACの指示の下、2022年12月から3ヶ月に及ぶ輸入危険化学品に対する検査方式の改革試行を開始することを宣言しました。その後、さらに1ヶ月間を延長ました。また、広州税関も今年1月16日から同じ試験運用を開始しました。これらの運用実績と経験を基にGACは今回の全国展開を決定しました。

 今回のウェブセミナーでは、中国における危険化学品の輸入申告に関する最新のコンプライアンス要件と共に、今回の改革について詳しく解説する予定です。

講演内容(予定)
  • 検査方式の改革

  • 輸入申告の要件

  • よくある質問

開催日程

日付時間(GMT+9)言語
2023年6月20日(火)15:00-16:00(日本時間)日本語

注意:今回のウェブセミナーはWeb会議サービス「Zoom(ズーム)」を使用することになります。パソコン・スマートフォン・タブレット端末からのご参加は可能ですが、アプリケーションのインストールが必要の場合があります。

講演資料等について:


  • 有料会員(スタンダード以上)の場合:

参加申し込みの有無を問わず、開催後、追加料金なしで資料(PDF)のダウンロードと録画の再生ができます。


  • 無料会員の場合:

  1. 参加申し込みがされた方は、開催後、追加料金なしで資料(PDF)のダウンロードができます。また、録画の再生は20,000円(税別)で購入できます。

  2. 参加申し込みがされていなかった方は、開催後、資料(PDF)のダウンロードと録画の再生を20,000円(税別)で購入できます。

主催者情報


REACH24Hコンサルティング・グループ

 REACH24Hコンサルティング・グループは中国杭州市に本拠地を置くグローバルな技術サービス提供業者です。アイランド・アメリカ・中国台湾にも子会社が持ち、毒物学・安全評価・リスクアセスメントの専門家が多数在籍中です。24時間+グローバルの対応体制で、お客様にワンストップの国際市場進出サポートを提供しています。既に工業化学品・農薬と殺生物製品・化粧品・食品と食品接触材料・消費品など複数の業界をカバーしており、製品の登録から、法規制の情報提供、セミナー、そして、情報技術をベースとするサプライチェーン管理システムまでのサービスを提供しています。

 ”コンプライアンスによる価値創造- Value in Compliance”という弊社の企業理念が示したように、会社が立ち上げる以来、世界各国数多くの政府機関・協会・社会団体に技術サポートを提供し、6000を超える取引先と信頼関係を結び、何万個の製品登録・登記及びコンサルティングプロジェクトを完成してきました。今後も引続きお客様に沿ったの効率高いソリューションを提供し、世界経済の持続可能な発展を貢献していきたいと思っております。

講演者
杜業翔(ト ギョウショウ)
法規制コンサルタント/Chemlinked Japan編集
Chemlinked Japanの編集者として、長年当サイトを通じてアジア太平洋地域の化学品法規制の変化を追跡しています。日々のユーザー様とのコミュニケーションを通じて、日系企業が対応するうえでのポイントをおさえた情報発信に取り組んでいます。
関連ウェブセミナー
ご意見・ご要望
本サイトに関するご意見・ご要望は下欄にご記入ください。
提出