Webinar

基礎から学ぶ、化学品の危険有害性分類および情報伝達 ウェブセミナー 資料入手可能

20,000円
日付: 2021-07-05
講師: 張祺為
言語: 日本語
価額: 20,000円

発表資料

* ウェブセミナーの資料をダウロード頂くには、口座振り込みまたは有料会員へアップグレードする必要があります。
* Chemlinked Japanの有料会員はウェブセミナー関連資料を無料ダウンロードできるほか、本サイトすべての機能を制限なしでご利用いただけます。詳しくはこちら

前書き

 GHS制度とは何か、中国のGHS分類から始まり、GHS分類が国によって異なる理由を簡単に説明し、製品の危険有害性情報をSDS/Labelでどのように伝えることができるのか、企業が懸念する「どのような化学品やシナリオには、SDS/Labelを提供する必要があるのか、SDS/Labelの内容にはどのような要求があるのか、どのように貼り付けるのか、これらを本ウェビナーで1つずつ皆様へご紹介します。

講演内容

  • 化学品の危険有害性はどうすれば特定するか
  • 化学品の危険有害情報をどうすれば伝えるか
  • まとめとアドバイス

開催日程

日付 時間(GMT+9) 言語 受講申し込み
2021年7月5日(月) 15:00-15:45 日本語 終了

講演者(日本語)

張祺為(チョウ キイ)

法規制コンサルタント

REACH24H杭州本社 日本事業部

現在、主に中国新化学物質申告、台湾新規・既存化学物質登録、韓国K-REACH登録、グローバルGHSなどの法規対応を担当し、日系企業に向け、コンサルティングサービスを提供している。

 

REACH24Hコンサルティング・グループ

 REACH24Hコンサルティング・グループは中国杭州市に本拠地を置くグローバルな技術サービス提供業者です。アイランド・アメリカ・中国台湾にも子会社が持ち、毒物学・安全評価・リスクアセスメントの専門家が多数在籍中です。24時間+グローバルの対応体制で、お客様にワンストップの国際市場進出サポートを提供しています。既に工業化学品・農薬と殺生物製品・化粧品・食品と食品接触材料・消費品など複数の業界をカバーしており、製品の登録から、法規制の情報提供、セミナー、そして、情報技術をベースとするサプライチェーン管理システムまでのサービスを提供しています。

 “コンプライアンスによる価値創造- Value in Compliance”という弊社の企業理念が示したように、会社が立ち上げる以来、世界各国数多くの政府機関・協会・社会団体に技術サポートを提供し、6000を超える取引先と信頼関係を結び、何万個の製品登録・登記及びコンサルティングプロジェクトを完成してきました。今後も引続きお客様に沿ったの効率高いソリューションを提供し、世界経済の持続可能な発展を貢献していきたいと思っております。