Webinar

化粧品原料安全情報登録:成分提出コード申請のご説明 ウェブセミナー 資料入手可能

無料
日付: 2022-01-26
講師: 洪蓮潔
言語: 日本語
価額: 無料

発表資料

* ウェブセミナーの資料をダウロード頂くには、口座振り込みまたは有料会員へアップグレードする必要があります。
* Chemlinked Japanの有料会員はウェブセミナー関連資料を無料ダウンロードできるほか、本サイトすべての機能を制限なしでご利用いただけます。詳しくはこちら

前書き

 2021年5月1日から発効した「化粧品の登録及び備案資料規範」によると、化粧品の登録・届出者は、登録・届出を行う場合、製品に使用される成分に関する安全関連情報を提供する必要があります。それに、中国国家薬品監督管理局(NMPA)は、書類などの複雑さを考慮して、「成分提出コード」というものを提案しました。成分提出コードを記入すると、成分安全情報ファイルに直接関連付けすることができます。

 2021年12月31日の午前9時から、化粧品原料メーカーまたは授権企業は「化粧品原料安全情報登録プラットフォーム」にログインし、成分の安全性に関連する情報を提出して、「成分提出コード」を取得できます。海外の皆様もアカウントを開設してから登録することができます。今後、NMPAは「成分提出コード」を確実に促進します。化粧品企業も複雑な書類より「成分提出コード」のほうを選ぶでしょう。

 今回のウェブセミナーでは、成分提出コードの定義、機能、申請の要件などの内容を紹介します。お役にたてば幸いです。

講演内容(予定)

-成分提出コードの紹介
-成分提出コード申請の要件
-化粧品原料安全情報登録プラットフォームの実際の運用に関する注意事項

内容は最終のPPTに基づいてください。

開催日程

日付 時間(GMT+9) 言語 受講申し込み
2021年1月26日(水) 15:00-16:00 日本語 こちら

ご注意:今回のウェブセミナーはWeb会議サービス「Zoom(ズーム)」を使用することになります。パソコン・スマートフォン・タブレット端末からのご参加は可能ですが、アプリケーションのインストールが必要の場合があります。

講演者(日本語)

洪 蓮潔コウ レンケツMs. Rose Hong

Chemlinked Japan編集

Chemlinked Japanの編集者であり、アジア太平洋地域の化粧品、食品などの法規制変化の追跡及び研究の経験から、ユーザー様に対する法規制のポイントをおさえた情報発信に取り組んでいます。

REACH24Hコンサルティング・グループ

 REACH24Hコンサルティング・グループは中国杭州市に本拠地を置くグローバルな技術サービス提供業者です。アイランド・アメリカ・中国台湾にも子会社が持ち、毒物学・安全評価・リスクアセスメントの専門家が多数在籍中です。24時間+グローバルの対応体制で、お客様にワンストップの国際市場進出サポートを提供しています。既に工業化学品・農薬と殺生物製品・化粧品・食品と食品接触材料・消費品など複数の業界をカバーしており、製品の登録から、法規制の情報提供、セミナー、そして、情報技術をベースとするサプライチェーン管理システムまでのサービスを提供しています。

 “コンプライアンスによる価値創造- Value in Compliance”という弊社の企業理念が示したように、会社が立ち上げる以来、世界各国数多くの政府機関・協会・社会団体に技術サポートを提供し、6000を超える取引先と信頼関係を結び、何万個の製品登録・登記及びコンサルティングプロジェクトを完成してきました。今後も引続きお客様に沿ったの効率高いソリューションを提供し、世界経済の持続可能な発展を貢献していきたいと思っております。