中国における危険化学品管理の重要な接続点

 中国では長く目録に基づく化学品管理モデルを実行しており、法規の管理措置はわずかな危険性が非常に明確な物質を目標とします。しかし、近年危険性が不明の化学品に対する有効な防止及び抑制措置が欠けているため、作業場所での安全事故が頻発し、関係部門に憂慮されています。このような背景で、安全生産監督総局53号令による新規危険化学品登録と、間もなく正式施行される60号令による化学品物理危険性鑑定は中国における危険化学品管理が目録の内外に転向する重要な接続点と見なされます。

 間もなく全面的に推進が強化される物理危険性鑑定及び分類作業はどのように危険化学品の登録に影響を及ぼすのでしょうか?「危険化学品目録」の最終版はいつ公布されるのでしょうか?当社は製品が何千種あるが、系列登録を申請することはできますか?――本文ではこのような実践でよくある質問にお答えし、参考意見を提供します。

全文をご覧いただくにはご登録が必要となります。