遠くない未来 中国環境管理制度の変化と「環境評価」の位置づけ

 7月2日、「中華人民共和国環境影響評価法(一部改正)」が主席令第四十八号で公布され、2016年9月1日から実施することになります。当局に近い研究機構や、環境政策の作成に関わるシンクタンクの関係者によると、当局は今まで”強気”だった「環境影響評価」は今後段々弱体化させていくことがわかりました。

全文をご覧いただくにはご登録が必要となります。