林産化工及び香料・エッセンス危険化学品の登記説明

Hazardous chemical management in China  香料・エッセンスに用いられる多くの化学品、特に植物における精油及びその他の蒸留による産物は中国では危険化学品に属します。本文では、主に華測瑞欧(REACH24H)の技術専門家が林産化工及び香料・エッセンスの危険有害性分類及び危険化学品の登記においての経験を共有します。

 1. 法規の背景

 「危険化学品安全管理条例」( 国務院第591号令)及び「危険化学品登記管理弁法」(国家安全生産監督管理総局第53号令)に基づき、危険化学品の生産企業、輸入企業は当地における安全生産監督部門に危険化学品の登記を行わなければならず、危険化学品登記証を取得した後、危険化学品を生産、もしくは輸入することができます。

 2. 危険化学品の範囲

 一部の歴史的原因により、多くの企業は劇毒化学品またはUN番号を有する化学類危険貨物が危険化学品であると誤って認識しています。実際には、危険化学品について最も権威のある定義は第591号令の第三条によるものです。

 「本条例で称する危険化学品は、毒害、腐食、爆発、燃焼、燃焼促進等の性質を有し、人体、施設、環境に危険有害性を有する劇毒化学品及びその他の化学品を指します。」“

 即ち、化学品に特定の危険特性がありさえすれば、危険化学品に属するということです。

 これらの危険特性は国家安全生産監督管理総局より最近発表された 「危険化学品目録」(2015)で更に説明されています。目録が国連GHS文書改訂第4版(2011)に記載されている28項の危険性分類下の95区分の81項を採用しており、換言すれば目録に収載された2827種の化学品を除き、この81項の危険区分に分類される全ての化学品が危険化学品となります。

 3. 林産化工及び香料・エッセンス業界における危険化学品

 香料・エッセンス業界に対して、「危険化学品目録」2015版と結び付け、目録に収載される製品は下記の通りになっています。

 

目録に掲げる番号

品名(別名)

 

日本語名称

英語名称

CAS登録番号

HSコード

983

1,8-环氧对孟烷(桉叶油醇)

1,8-エポキシ-p- メンタン(シネオール)

1,8-Epoxy-p-menthane; Cineole

470-82-6

 

1232

2-莰醇(冰片;龙脑)

ボルネオ-ル(竜脳香)

BORNEOL FLAKES

507-70-0

2906190090

1233

莰烯(樟脑萜;莰芬)

カンフェン

Camphene

79-92-5

2902199090

1576

迷迭香油

ローズマリー油

Rosemary oil

8000-25-7

3301299999

1603

α-蒎烯(α-松油萜)

ピナ-2-エン(α-ピネン)

α-Pinene

80-56-8

2902191000

1604

β-蒎烯

β-ピネン

β-Pinene

127-91-3

2902191000

1949

生松香(焦油松香;松脂)

生ロジン(コールタールロジン、松脂)

Raw rosin

/

1301904010

2097

松焦油

パインタール

Pine tar

8011-48-1

3807000000

2098

松节油

テレビン油

Turpentine oil

8006-64-2

3805100000

2099

松节油混合萜(松脂萜;芸香烯)

テレベン

Terebene

1335-76-8

3805100000

2100

松油

パインオイル

Pine oils

8002-09-3

3805901000

2101

松油精

ロジン油

Rosin oil

8002-16-2

2942000000

2124

萜品油烯(异松油烯)

テルピノレン

Cyclohexene, 1-methyl-4-(1-methylethylidene)-; Terpinqlene

586-62-9

2942000000 2901299090

2125

萜烃

テルペン炭化水素類

Terpene hydrocarbons, n.o.s.

63394-00-3

 

2751

樟脑油(樟木油)

カンファーオイル(クス油)

Camphor oil

8008-51-3

 

 

 上記のような「目録」に収載された製品のほかに、さらに多くの製品が目録に収載されていませんが、同様に危険有害性を有するため、危険化学品の登記を実施しなければなりません。

 林産化工及び香料・エッセンス業界における製品は品種が多く、成分が複雑であり、純度によって香料・エッセンスの危険有害性分類が異なっています。スペアミント油を例に挙げると、通常は60%と80%の2種類に分かれています。含有量の違いのみにより、二つの種類は中国GHSにおける危険有害性分類が大きく区別されています。

スペアミント油

60%

80%

危険有害性分類

引火性液体 区分4

引火性液体 区分4

急性毒性-経口 区分5

急性毒性-経口 区分5

吸入毒性  区分1

-

皮膚刺激性 区分2

皮膚刺激性 区分3

皮膚感作性 区分1

皮膚感作性 区分1

水生環境急性有害性 区分2

水生環境急性有害性 区分3

水生環境慢性有害性 区分2

水生環境慢性有害性 区分3

 

 輸送中において、スペアミント油60%が第9類危険貨物に属し、スペアミント油80%は一般の貨物に属します。ただし、この2種の製品とも「弁法」に基づき危険化学品の登記を実施する必要があります。

 一方、中国は他の国家と異なる区分を採用しているため、企業は必ず中国の要求に基づき分類、登記しなければなりません。例として、同じスペアミント油60%であっても、中国と欧州連合における危険有害性分類は大きく異なっています。

スペアミント油60%

中国

欧州連合

危険有害性分類

引火性液体 区分4

-

急性毒性-経口 区分5

-

吸入毒性  区分1

吸入毒性  区分1

皮膚刺激性 区分2

皮膚刺激性 区分2

皮膚感作性 区分1

皮膚感作性 区分1

水生環境急性有害性 区分2

-

水生環境慢性有害性 区分2

水生環境慢性有害性 区分2

 

 上記の実例は、なぜある製品は欧州連合で危険化学品に収載されていないのに、中国では危険化学品に属するかを同時に説明しています。国内における多くの輸入者はすでに意識的にヨーロッパにおける供給者にSDSを提供するよう要求していますが、CLP法規要求に該当するSDSを直接翻訳することは、中国における危険化学品管理体制下でのコンプライアンスを保証するものではありません。下表に掲げる内容は香料・エッセンス業界における一部の主要製品であり、「目録」には明確に収録されていませんが、化学品全体に対してある危険有害性分類を有しており、かつ分類結果が濃度範囲、不純物含有量等の影響により、企業が重視して資格を有する機構で鑑定を行わなければならなくなる可能性があります。

通し番号

品名

日本語名称

英語名称

HSコード

1

松香水

ミネラルスピリット

White spirits

27100014

2

4-烷基双环己烷

4'−アルキル−4'- ビ シクロヘキシル

4-Alkyl-4’-alkyl-bicyclohexyl

29021920

3

其他环烷烃;其他环烯及环萜烯

その他の飽和脂環式アルコール、不飽和脂環式アルコール及び シクロテルペンアルコール

Other cyclanes, cyclense and cycloterpenes

29021990

4

二硝基甲苯

ジニトロトルエン

Dinitrotoluene

29042030

5

甘露糖醇

マンニトール

Mannitol

29054300

6

山梨醇

ソルビトール

Sorbitol

29054400

7

薄荷醇

メントール

Menthol

29061100

8

萜品醇

テルピネオール

Terpineols

29061910

9

其他环烷醇、环烯醇及环萜烯醇

その他の飽和脂環式炭化水素、不飽和脂環式炭化水素及びシクロテルペン炭化水素

Other cyclanic, cyclenic or cycloterpenic

29061990

10

其他芳香醇

その他の芳香族アルコール

Other aromatic alcohols

29062900

11

2-苯基乙醇

2-フェニルエタノール

2-Phenyl alcohol

29062910

12

1烷氧基4(4乙烯基环己基)2,3二氟苯

1-アルコキシ-4(4-ビニルシクロヘキシル)-2,3-ジフルオロベンゼン

1-alkoxylate-4(4-vingl cyclohexyl)-2,3-difluoro henzene

29093010

13

其他芳香醚及其卤化、磺化、硝化或亚硝化衍生物

その他の芳香族エーテル及びこれらのハロゲン化誘導体、スルフォン化誘導体、ニトロ化誘導体もしくはニトロソ化誘導体

Other aromatic ethers and its halogenated, sulphonated, nitrated or nitrosated derivatives

29093090

14

香草醛(3-甲氧基-4-羟基苯甲醛)

バニリン(4-ヒドロキシ-3-メトキシベンズアルデヒド)

Vanillin(4-hydroxy-3-methoxybenzaldehyde)

29124100

15

未列名醛醚、醛酚及含其他含氧基的醛

未指定のアルデヒドエーテル、アルデヒドフェノール及び他の酸素官能基を有するアルデヒド

Aldehyde ethers not otherwise specified,

29124900

29124990

16

樟脑

カンフル

Camphor

29142100

29142910

17

水杨酸的其他酯及其盐

サリチル酸のその他のエステル及びその塩

Other esters of salicylic acid and their salts

29182300

18

香豆素、甲基香豆素及乙基香豆素

タマリン、メチルタマリン及びエチルタマリン

Coumarin, methylcoumarins and ethylcoumarins

29322010

29322100

19

3,4-亚甲二氧基苯甲醛(胡椒醛)

3,4-メチレン-ジヒドロキシベンズアルデヒド(ピペロナール)

3,4-Methylene-dihydroxybenzaldehyde (Piperonal)

29329300

20

香柠檬油(佛手油)

ベルガモット油

Bergamot oil

33011100

21

橙油

オレンジ油

Orange oil

33011200

22

柠檬油

レモン油

Lemon oil

33011300

23

其他柑桔属果实精油

その他の柑橘系果物オイル

Essential oils of other citrus fruit

33011900

24

白柠檬油(酸橙油)

ライム油

Lime oils

33011910

25

茉莉油

ジャスミン油

Jasmine oil

33012200

26

熏衣草(包括杂种熏衣草)油

ラベンダー油(交雑種のラベンダーを含む)

Lavender (inc. lavandin) oils

33012300

27

胡椒薄荷油

ハッカ油

Peppermint oils

33012400

28

其他薄荷油

その他のハッカ油

Essential oils of other mints

33012500

29

岩兰草油

べチバー油

Vetiver oil

33012600

30

香茅油

シトネラ油

Citronella oil

33012920

31

茴香油

アニス油

Aniseed oil

33012930

32

桂油

桂皮油

Cassia oil

33012940

33

山苍子油

リツェアクベバ油

Litsea cubeba oil

33012950

34

桉叶油

ユーカリ油

Eucalyptus oil

33012960

35

老鹳草油(香叶油)

ゼラニウム油

Geranium oil

33012991

36

未列名非柑桔属果实精油

未指定の非柑橘系果物オイル

Other essential oils other than those of citrus fruit

33012999

37

其他香膏

その他のコールドクリーム

Other resinoids

33013090

38

提取的油树脂

抽出された含油樹脂

Extracted oleoresins

33019010

39

酒精浓度≤0.5%以香料为基本成份的饮料原液

アルコール濃度≤0.5%、かつ香料を主成分とする飲み物の原液

Preparations based on odoriferous substances, of a kind used for the manufacture of beverages, alcoholic strength by volume not exceeding 0.4% vol

33021010

40

松香

ロジン

Rosin

38061010

41

酯胶

エステルガム

Ester gums

38063000

42

妥尔油脂肪酸

トール油脂肪酸

Tall oil fatty acids

38231300

 

 4. 企業の職責

 生産または輸入される製品が「目録」の中に収録された場合、企業は下記のことを実施しなければなりません。

  1. 中国国家標準30000により分類し、法規の要求に該当する安全技術説明書SDS及びラベル(説明書一部ごとにラベル一つ)及び緊急電話を作成する。
  2. 当地における安全生産監督部門に危険化学品の登記を実施し、登記証を取得する。
  3. 当地における安全生産監督部門に危険化学品の生産または営業許可証の取り扱いを申請する。

 目録に収録された特別な危険性を有する化学品、例えば劇毒化学品、爆発性化学品については、上記に掲げる内容のほかに、関係部門に特別許可を取得するための調査に備えるために関係書類を作成しなければなりません。

 目録には収載されていないものの、危険特性を有する、または危険特性が不明である製品については、第53号令第二条及び第二十一条に基づき指定の機構での鑑定により危険特性を有すると証明してから登記しなければなりません。危険性を鑑定した後、鑑定機構が鑑定報告を発行して企業に登記する必要かどうかを告知し、必要であれば、登記の手続きによって登記しなければなりません。登記が必要でなければ、NRCCが登記不要の証明を発行し、企業は安全生産監督局に容易に検査させるため、その証明を工場の目立つ場所で掲示することができます。同じ特性を有する同一の商品については、協会が企業を集めて共同で鑑定証明を作成し、企業名を明確に記載させた上で各工場が目立つ場所で掲示することができます。

 5. 登記の手続き

 現在、危険化学品の登記はオンライン登記及び書面資料提出の二つの方法に分かれています。具体的な手続きは下記の通りになっています。

  1. 登記前、企業が危険性の鑑定及び分類を行い、製品の危険性を判断して登記が必要かどうかを確定する。
  2. オンライン登記システムを利用して登記申請書を作成し審査のために提出する。
  3. 省における登記部門及び国家登記センターに申請が審査され、すべて承認された後、書面による登記資料を提出し、危険化学品の登記証を取得する。

 新たな登記システムは、化学品の物理化学的データ、重大な危険源及び危険工程等の点を含む内容についての要求が非常に細かいため、企業が自力で登記することは大変難しくなっています。多くの企業が提出した申請は様々な問題により省における登記部門または国家登記センターから戻されています。華測瑞欧(REACH24H)は専門の化学品法規サービス機構であるばかりでなく、中国食品土畜進出口商会の長期的なパートナーでもあるため、各企業での登記関連業務の展開に協力し、企業の生産及び貿易活動を滞らせないように、迅速かつ高効率で登記証を取得させることができます。

 

 

 筆者紹介

 陳佳 

 杭州華測瑞欧(REACH24H)科学技術有限公司 GHSコンプライアンス事務室 高級法規顧問

 中国内外における化工、医薬分野などの企業に全世界でのGHS法規諮問サービスの提供に尽力しており、全世界における異なる地域及び国家の規格に基づくSDS、Label作成、翻訳サービス、中国における危険化学品の登記サービス、GHS法規トレーニングサービス等をご提供しています。GHS法規諮問の分野では、豊富な経験を持っています。

 

全文をご覧いただくにはご登録が必要となります。

1 Comment

ユーザー ouyangjieqing の写真
作成者:ouyangjieqing 作成日:火, 2015-05-12 14:22
ご指摘ありがとうございます。ただ今修正致しましたので、ご確認お願いたします。 また、スペアミント油のGHS分類がEUと中国で異なっていることについてですが、 これは弊社が今まで取り扱った実例で得られた結論です。 以上、どうぞ宜しくお願い致します。