2017年 アジア太平洋地域化学物質管理年次レポート(中国危険化学品と新化学物質編)

 中国は世界有数の危険化学品生産・使用・輸出入及び消費大国です。2016年までの統計データによると、危険化学品関連企業は30万社近くに達しています(生産1.9万社・経営26.5万社・貯蔵0.55万社)。一方、2015年の天津危険物倉庫爆発事故以来、当局はもう危険化学品への監督管理を緩めることはできない状況に置かれています。そういう背景に、中国での危険化学品管理に関する改革が着実進んでいます。

全文をご覧いただくにはご登録が必要となります。