Webinars

ウェブセミナー

 2021年、アジア太平洋地域内の化学法規制分野においては、主な出来事及び進展が目立ちます。中国台湾では、「新規化学物質及び既有化学物質資料登録弁法(改正)」の公表に伴い、106種の優先既存化学物質(PECs)の登録締切が2024年12月31日まで延長されました。

 2021年、アジア太平洋地域内の化学法規制分野においては、主な出来事及び進展が目立ちます。中国大陸では、「新化学物質環境管理登記弁法(生態環境部12号令」が2021年1月1日から正式に施行されました。

 「新化学物質環境管理登記弁法」(以下「12号令」と略称)は生態環境部による制定後、2021年1月1日から正式に施行されました。「12号令」は元環保部の「7号令」の代替法令として、登記証所持者、備案申請者、加工使用者それぞれの義務を規定しました。…

 化学品登録センターは2021年全国危険化学品安全監督管理作業ビデオ会議の展開に基づき、緊急管理部の危険化監督管理二司の指導の下で、危険化学品登録システムのアップグレード・改造作業を推進し、管理監督管理を目的…

 「新化学物質環境管理登記弁法」(以下「12号令」と略称)は生態環境部により制定、2021年1月1日から正式に施行されました。新化学物質環境管理登記を規範化し、源から科学的且つ有効的に新化学物質の環境リスクをコントロールし、生態環境を保護、公衆健康を保障することを旨としています。

 「新化学物質環境管理登記弁法」(以下「12号令」と略称)は生態環境部により制定、2021年1月1日から正式に施行されました。新化学物質環境管理登記を規範化し、源から科学的且つ有効的に新化学物質の環境リスクをコントロールし、生態環境を保護、公衆健康を保障することを旨としています。

 2021年5月、中国国務院が国弁函〔2021〕58号に通して、六つの化学品を「易制毒化学品の分類及び品種目録」に新たに追加することを発表しました。…

 「新化学物質環境管理登記弁法」(以下「12号令」と略称)は生態環境部により制定、2021年1月1日から正式に施行されました。新化学物質環境管理登記を規範化し、源から科学的且つ有効的に新化学物質の環境リスクをコントロールし、生態環境を保護、公衆健康を保障することを旨としています。

 現在、グローバル経済貿易状況を変化しだいに中国の対外貿易も続いて調整しています。国際企業は税関が化学品、特に危険化学品に対して監督管理の要求を注目しています。…

 GHS制度とは何か、中国のGHS分類から始まり、GHS分類が国によって異なる理由を簡単に説明し、製品の危険有害性情報をSDS/Labelでどのように伝えることができるのか、企業が懸念する「どのような化学品やシナリオにはのか…

ページ