ウェブセミナー

 最近「一帯一路」(One Belt, One Road、OBORと略称)は話題になり、中国の国家的戦略であるため、近隣諸国との間の多国間メカニズムに完全に依存し、そして、既存の地域協力プラットフォームの力を借りて、シルクロードにある国々との経済協力パートナーシップを積極的に促進しています。

 近年、台湾既存物質標準登録は大変注目を浴びています。2019年3月、当局は第一期指定既存化学物質標準登録のリストを公表しました。同年度の9月、指南草案が公布されました。即ち、「期限別の指定既存化学物質標準登録ガイドライン(草案)」です。さらに、他国/地域及び各界の意見を総合し、台灣当局はようやく2020年6月に正式な「既有化学物資標準登録資料作成ガイダンス第一版」を公布しました。

 2016年6月、ローテンバーグ法(21世紀に向けたフランク R. ローテンバーグ化学物質安全法)は米国議会で可決され、米国大統領が署名して発効し、TSCA法の施行以来初めての重大改正となります。

 中国の大気汚染を防止し、VOC汚染物質の排出をさらに削減するために、当局はVOC発生源の管理対策を推進しています。最近、当局は「インク中の揮発性有機化合物(VOCs)含量の制限」、「接着剤揮発性有機化合物の制限量」、「洗浄剤の揮発性有機化合物(VOCs)含量の制限」、「インテリアフロア用塗料中の有害物質の制限量」などの国家標準を公布し、

 新規化学物質を生産/輸入する前に、その潜在的な危険有害性を識別し、生産・使用・廃棄の全ライフサイクルの中に環境や人の健康にどのぐらいのリスクがあるかを評価する制度は先進国から発展途上国まで多く採用してます。中国も2003年の環境保護総局17号令からこの制度を導入し、2010年に環境保護部の「新規化学物質管理弁法(7号令)」での改正を経て、現在に至りました。2020年5月7日、中国生態環境部(MEE)は第12号部令で10年ぶりに、「新規化学物質管理弁法」の改正版を公布しました。来年1月1日から発効する予定です。

 化学産業のグローバル展開に連れて、各国は化学物質安全管理に力を入れています。そんな中、アジア太平洋地域の多くの国々は自国の関係法規性を制定/改正し、工業化学品の管理を強化しようとしています。もちろん、国の発展段階により、化学物質管理における法規性が比較的に成熟した国もあれば、これから現代的な化学物質管理体系を作る国もあります。…

 2020年2月下旬、中国で新型コロナウイルスの拡散がまだ十分抑え込んでいない中、上海市応急管理局は公式サイトで「本市疫情防控期間中エタノールなど危険化学品の安全管理を更に強化するに関する緊急通知」………

 「化学品の安全性に関する技術規則(TR EAEU 041/2017)」はユーラシア経済連合が2017年3月3日に採択したEU-REACH規則に相当する法規制です。延期する可能性もありますが、現段階では2021年6月2日から発効する予定です。「TR EAEU 041/2017」が正式に施行された場合、ロシア・ベラルーシ・カザフスタン・アルメニア・キルギスという5か国に適用され、EU-REACHに続く二番目の国境を超える化学物質管理規性となります。

 2019年1月1日から発効した「改正K-REACH」により、韓国の既存化学物質登録は新たな段階に入りました。企業は予備登録を行い、年間の製造/輸入量などに応じて猶予期間を獲得し、期限内に本登録を完了する必要があります。今、その猶予期間は2021年12月31日という初めての期限が迎えています。………

 今年11月に、中国交通運輸部(MOT)が主導し、生態環境部(MEE)や、応急管理部(MEM)など他の五つの政府機関と共同で公布した《危険貨物道路運送安全管理弁法》は、5年間をかけ、合計7回の意見募集を経て成立した中国における危険貨物輸送に関する重要な法規制です。来年の1月1日から発効する予定です。………

ページ