ウェブセミナー

 今年に入って、台湾化学品管理政策面の変動が前の年よりも激しくて、年頭の「毒物及び化学物質局」の立ち上げはもちろん、その後「毒性化学物質管理法」の改正、既存化学物質標準登録対象リスト(案)の公布、そして、「新規化学物質及び既有化学物質資料登録弁法」の改正も注目されています。

 本セミナーは利用者がより有効にChemlinked Japanの各機能を活用するために開催する説明会です。セミナー中に一部の利用者からの質問を答えますので、事前にご質問があれば、contact@chemlinked.comまでメールでお送りください。お待ちしております。

 「化学品物理危険性鑑定・分類管理弁法(SAWS第60号令)」に対する解読を通して、物理的危険性鑑定と分類の要点を説明し、企業がより良い対応するため、アドバイスを提供致します。

 作業場の安全ラベルとして、NFPA 704とGHS安全ラベルは両方注目され、お互いに緊密な関連性もありますが、大きま相違点も存在しています。今回のウェブセミナーは両者を比較しつつ、皆様に法規制内容を解読します。

 猶予期間の終了が近づいてきた今、改めて台湾GHS法規制の全体像を把握し、最新の事例とともに自社のコンプライアンス戦略を再確認しませんか。

 企業がより順調に中国最新の食品接触材国家法規制を対応するために、この度、REACH24Hは新中国食品接触材国家基準を説明するオンラインセミナーを開催することにしました。

 本ウェブセミナーは関係者の皆様に今回法規制改正の内容と最新状況を紹介する上、お互いの交流を通じて切実な意見を募集し、自分の利益を守るために合理的な意見を当局に提出する予定です。

ウェブセミナーは台湾台湾既存及び新化学物質登録に関心を持ったり、疑問を掛かったりしている事業者に対して、最新状況と共に今までの経験を紹介します。

本セミナーは『新化学物質申告登録指南(ガイドライン)』(草案)と『中国既存化学物質名録』の増補について背景から企業へのアドバイスまで詳しく紹介します。

 本ウェブセミナーは、関連事業者が台湾における主要な化学物質法規制に基づく規定・要求を把握し、台湾化学物質登録作業がスムーズに実施できるよう、「毒管法」と「職安法」の比較・分析及び台湾化学物質登録のシステムについて説明を行います。

ページ