Webinars

ウェブセミナー

 2022年4月8日、韓国の雇用労働部はMSDSに関する全国的な監督活動を開始すると発表しました。韓国の製造業者と輸入業者にMSDS検査制度の自己点検表を配布し、自己点検方法と違法行為の罰則規定などを紹介しま…

 トルコ当局(MoEU)は2017年6月23日に国家公式サイトでREACH-Like法規制(KKDIK)を公表しました。トルコREACH登録はトン数に従い登録要求が変わり、輸入量が年間1t/y以上の企業は2023年12月31日までに本登録を完成しなければなりません。…

 台湾における化学物質の流通と使用は、主に「毒性及び懸念化学物質管理法」(TCCSCA)と「職業安全衛生法」によって規制されています。 「毒性及び懸念化学物質管理法」(TCCSCA)は主に毒性化学物質及び懸念化学物質を管理し、「職業安全衛生法」におけるの「優先管理化学品の指定と運用管理」は主に優先化学品を管理しています。...

 近年、中国の化学物質管理に対する要求はますます厳しくなっており、さまざまな化学物質管理インベントリやその関連政策文書が頻繁に更新されています。多くの企業にとって、生産と運営の重要な対象である化学品に関するコンプライアンスを達成するために...

 2022年1月5日、危険化学品安全管理の強化と危険化学品事故の防止・低減を目的として、中国国務院安全生産委員会は「危険化学品安全リスク集中管理計画」(以下で「計画」と略称する)(安全委員会[2021]第12号)の印刷と配布に関する通知を公布しました。...

 近年、中国の化学物質管理に対する要求はますます厳しくなっており、さまざまな化学物質管理インベントリやその関連政策文書が頻繁に更新されています。多くの企業にとって、生産と運営の重要な対象である化学品に関するコンプライアンスを達成するために...

 2021年12月31日の午前9時から、化粧品原料メーカーまたは授権企業は「化粧品原料安全情報登録プラットフォーム」にログインし、成分の安全性に関連する情報を提出して、「成分提出コード」を取得できます。

 2021年、アジア太平洋地域内の化学法規制分野においては、主な出来事及び進展が目立ちます。中国台湾では、「新規化学物質及び既有化学物質資料登録弁法(改正)」の公表に伴い、106種の優先既存化学物質(PECs)の登録締切が2024年12月31日まで延長されました。

 2021年、アジア太平洋地域内の化学法規制分野においては、主な出来事及び進展が目立ちます。中国大陸では、「新化学物質環境管理登記弁法(生態環境部12号令」が2021年1月1日から正式に施行されました。

 「新化学物質環境管理登記弁法」(以下「12号令」と略称)は生態環境部による制定後、2021年1月1日から正式に施行されました。「12号令」は元環保部の「7号令」の代替法令として、登記証所持者、備案申請者、加工使用者それぞれの義務を規定しました。…

ページ