Webinars

ウェブセミナー

 現在、グローバル経済貿易状況を変化しだいに中国の対外貿易も続いて調整しています。国際企業は税関が化学品、特に危険化学品に対して監督管理の要求を注目しています。…

 GHS制度とは何か、中国のGHS分類から始まり、GHS分類が国によって異なる理由を簡単に説明し、製品の危険有害性情報をSDS/Labelでどのように伝えることができるのか、企業が懸念する「どのような化学品やシナリオにはのか…

2019年1月1日に、韓国の「改正K-REACH」が正式に発効し、韓国の既存化学物質登録は新たな段階に入りました。企業は予備登録を行い、年間の製造/輸入量などに応じて猶予期間を獲得し、期限内に本登録を完了する必要があります。そして、現在既存化学物質本登録の最初の締切も迫っています。

 台湾「新化学物質及び既存化学物質登録弁法」(以下「登録弁法」と略称する)は2014年12月11日に公布され、2019年3月11日をもって一回目の修正を経ちました。2019年の「登録弁法」によって、第一期指定既存化学物質(PEC)標準登録作業が2020年1月1日から開始し、高いトン数域(100 t/a以上)、低いトン数域(1-100 t/a)それぞれ2年と3年の登録猶予期間があります。

 欧州連合(EU)REACH法規(Registration,Evaluation,Authorization and Restriction of Chemicals,化学品の登録、評価、許可と制限)はEUが人類の健康と環境の安全の遠い配慮を基づいて、2006年12月に立法を通じ、2008年6月1日から実施されている化学品管理関する法令です。法規が施行されてから12年が経ちました。一方、…

 韓国市場に流通している殺生物剤製品のコンプライアンスを規範化し、加湿器殺菌剤事件のような惨劇を避けるため、韓国当局は近年、殺菌剤規制の策定と実施を強化及び加速しています。「生活化学製品及び殺生物剤の安全管理に関する法律」(K-BPR 第15511号令)は…

 「十三五」計画期間中、VOC管理は大気汚染管理の重点であり、数年の努力を経て、VOC管理は既に効果が現れてきました。とは言え、中国ではVOC排出量は低減したものの、光化学オゾンと PM2.5による汚染は依然として厳しい状況にあります。そのため…

 2020年は遂に終わりました。 今年は新型コロナウイルスの影響が大きいにもかかわらず、各国が化学物質規制改善のために、新制度及び関連措置の構築に努力を注ぎました。中国での新化学物質登記方式の全面改革から……

 インド化学物質(管理および安全)規則(ICMSR)の草案は2019年11月に初回に公布されてから、何度も改訂されました。最新の第5版は2020年8月24日に……

 韓国の「産業安全保健法(K-OSHA)」は2019年1月に改正され、MSDSの提出や、CBIの申請及び代理人の委託に関する規定を大きく変えました。これらの変化は今年1月16日から発効する予定です。去年12月末、韓国MoELはMSDSシステムの試運転を開始し、実施に向けて着実に進んでいます。

ページ