欧州連合 1物質をSVHC候補物質リストへ追加

 2022年3月の意見募集に続いて、今年6月10日、欧州化学機関(ECHA)は1物質を認可対象物質の候補となる高懸念物質(SVHC)リストに追加することを公布しました。これをうけ、SVHC候補物質は前回の223エントリーから224エントリーとなりました。

 詳細は以下の通りです。

順番 物質名 EC番号 CAS番号 追加理由 主な用途
1 N-(hydroxymethyl)acrylamide
N−(ヒドロキシメチル)アクリルアミド
213-103-2 924-42-5 発がん性、変異原性 ポリマー、ペンキ、塗料

 今後、N−(ヒドロキシメチル)アクリルアミド含有成形品をEU域内で製造または輸入使用とする場合は、2022年6月10日後6ヶ月以内にECHAへの届出を行う必要があります。そして、当該物質を0.1%以上(重量比)含有すれば、SVHCの法的義務(CL-JP記事をご参照)が課せられます。