危険化学物質関連
  • 9月14日、台湾環境保護署(EPA)が「新化学物質及び既有化学物質資料登録弁法(改正案)」を公表し、60日間のパブリックコメント募集を開始しました。 詳細
  •  2013年に公布した「有害物質リスト」はタイ「有害物質法」の規制対象となる化学物質を決めています。「既存化学物質インベントリー」... 詳細
  •  2017年8月8日、韓国環境部(MoE)が公告第2017-564号「有毒物質及び制限物質・禁止物質の指定」告示改正(案)を発表し、15の物質(固有番号:2017-1-796~2017-1-810)... 詳細
  •  本サイト6月14日の記事が報道したように、台湾当局は既存物質の「第一段階登録」から収集した情報に基づき、「第二段階登録(標準登録)」の対象となる物質のリストを三回に渡って公布する予定です。現在、第一回の物質リストの草案(122物質)が既に発表され... 詳細
  •  台湾環境保護署(EPA)が今年5月に「毒性化学物質管理法(改正案)」が出した後、いよいよその下位法規である「新化学物質及び既有化学物質資料登録弁法」の改正も視野に入れ始めました。7月18日、台北に開催され説明会で、... 詳細
  • 2017年7月13日、韓国環境部が告示第2017-137号を公布し、六価クロム(固有番号06-5-10)の制限内容を更新しました。 詳細
  •  台湾では、「化学物質登録情報公開検索プラットフォーム」という台湾環境保護署(EPA)が提供しているオンライン検索サービスを通して、利用者が当局に届出した新規化学物質や、既存物質の情報を得ることができます。 詳細
  •  タイでの有害化学物質管理の法整備は20世紀60年代に制定され毒物法(Toxic Substance Act・1967)に遡ることができます。25後の1992年に、急速に伸びている化学産業を管理するため、当局は毒物法を廃止し、... 詳細
  •  2017年6月9日に、台北で開催された台湾環境保護署が主催する座談会で、台湾環境保護署(EPA)の担当者が今後三回に渡って、登録対象既存物質のリストを発表することや、それぞれの登録完了期限を来場者に説明しました。 詳細
  •  5月31日、中国公安部(MPS)がウェブサイトに、「易制爆危険化学品名録」の最新版を公布しました。 詳細
  •  『新化学物質環境管理弁法』(China NCSN)第二十条に基づいて、中国環境保護部(MEP)が6月2日に、2017年度第5組『新化学物質環境管理登記証』発行についての関係情報を公示しました。公示期間は2017年6月2日-4日です。 詳細
  •  2016年末の台湾環境保護署(EPA)の下部組織である「毒物及び化学物局」の設立をはじめ、今年の「毒性化学物質管理法」の改正案を経り、台湾は化学物質への「源泉管理」を強化し、監督管理の(物質の)範囲を拡大する意欲を示しています。 詳細
  •  2017年5月8日、韓国環境部(MoE)が公告第2017-369号「有毒物質及び制限物質・禁止物質の指定」告示改正(案)を発表し、23の物質(固有番号:2017-1-773~2017-1-795)... 詳細

ページ