GHS関連
  • Taiwan GHS
     2018年3月29日、台湾労働部は「職業安全衛生法」の下位法令である「危険性化学品標識及び通識規則」の修正案を発表し、... 詳細
  •  K-REACHの有害性審査が完了した九つの有毒物質(固有番号No.2018-1-833~841)が有害性分類・絵表示・危険有害性情報・M係数・UN No.と共に、「... 詳細
  •  フィリピン環境天然資源省(DENR)が初めてGHSを導入したのは、2015年行政命令第09号「GHSの実施のためのSDS作成および有害化学物質の表示要件に関する規則および手続き(DAO2015-09)」です。 詳細
  •  2018年2月28日、国立環境科学院(NIER)が改正後のGHS分類リストを公布しました。NIERの告示第2018-5号により、下記物質の有害性分類・絵表示・危険有害性情報・M係数・UN No.... 詳細
  •  2017年12月29日、国立環境科学院(NIER)が「公告第2017-436 化学物質の分類及び表示等に関する規定告示改正(案)行政予告」を発表し、... 詳細
  •  2017年7月20日、韓国国立環境科学院(NIER)が告示第2017-12号「化学物質の分類及び表示等に関する規定一部改正」を通して、同規定別表4の一部(GHS分類情報)を更新しました。 詳細
  • GLOBAL GHS
     近日、国連経済社会理事会(ECOSOC)に属するGHS専門家小委員会が化学品の分類および表示に関する世界調和システム(GHS)の改正を完了し、GHS改正7版を公表しました。 詳細
  • 近日、カナダが議会命令を出し、GHSの適用時期を延期することにしました。 詳細
  •  2017年3月7日、台湾労働部職業安全衛生署(OSHA)が新たに3000種の危害物質GHS分類参考一覧表を公表しました。 詳細
  •  タイでは、化学品の分類および表示に関する世界調和システム(GHS)を導入し始めたのは、2012年3月12日タイ工業省(MOI)発表したタイ工業省告示 「有害物質の分類および危険有害性情報の伝達システム(B.E.2555)」 (2012) です。 詳細
  •  2016年の総集編です。1年の情報をまとめてお伝え致します。 詳細
  •  オーストラリアは2012年1月1日から、GHS第3版を導入し始めました。一方、業界が物質を再分類することや、ラベルとSDSを交換するなどに一定の時間が必要があるため、... 詳細
  • Ministry of Industry, Indonesia
     2013年に、「No.87/M-IND/PER/9/2009」の修正規則として、「... 詳細

ページ