ニュース

  •  2020年4月1日、韓国国立環境研究院 (NIER)は告示第2020-8号「化学物質の分類及び表示等に関する規定一部改定」を発表しました。即日発効することになります。 詳細
  • CHINA GHS
     ご存知のように、2013年10月に公布し、2014年11月から実施した中国強制国家標準GB30000シリーズ(化学品分類及びラベル規範 第2部分~第29部分)... 詳細
  • DOSH MALAYSIA
      2020年2月11日、マレーシア労働安全衛生局(DOSH)は、関連業者に「マレーシア 2013 年労働安全衛生規則(有害性化学品の分類、... 詳細
  • NZ EPA
     GHS改訂7版の採択を受け、2019年10月29日、ニュージーランド環境保護庁(EPA)は「ニュージーランドの有害物質分類システムを変更する計画案」を発表し、意見募集を開始しました。... 詳細
  •  2019年10月21日、韓国国立環境研究院 (NIER)は告示第2019-45号「化学物質の分類及び表示等に関する規定一部改定」を発表しました。即日発効することになります。 詳細
  •  7月31日、韓国国立環境科学院(NIER)が公告第2019-307号を発表し、環境部が管轄するGHSの分類情報が記載されている「化学物質の分類及び表示等に関する規定」... 詳細
  •  2019年5月2日、韓国国立環境科学院(NIER)が第2019-8号告示「化学物質の分類及び表示等に関する一部改正」で、韓国のGHS分類リストを更新しました。告示した日より発効することになります。 詳細
  •  2018年11月5日、韓国国立環境科学院(NIER)が第2018-44号告示「化学物質の分類及び表示等に関する規定一部改正」で、韓国のGHS分類リストを更新しました。 詳細
  •  今年の2月9日、韓国雇用労働部(MoEL)が公告第2018-66号で、「産業安全保健法(K-OSHA)」の改正案を発表しました。改正案の内容は多岐に渡りますが、特に化学業界に注目されているのは、... 詳細
  • GB National Standard
     2018年9月17日、中国国家市場監督管理総局(SAMR)と国家標準化管理委員会(SAC)が共同で、2018年第11号国家標準公告を公布しました。 詳細
  • Taiwan GHS
     2018年3月29日、台湾労働部は「職業安全衛生法」の下位法令である「危険性化学品標識及び通識規則」の修正案を発表し、... 詳細
  •  K-REACHの有害性審査が完了した九つの有毒物質(固有番号No.2018-1-833~841)が有害性分類・絵表示・危険有害性情報・M係数・UN No.と共に、「... 詳細
  •  フィリピン環境天然資源省(DENR)が初めてGHSを導入したのは、2015年行政命令第09号「GHSの実施のためのSDS作成および有害化学物質の表示要件に関する規則および手続き(DAO2015-09)」です。 詳細

ページ