ニュース

  •  2020年1月3日、台湾環境保護署(EPA)は「毒性化学物質ラベル及び安全資料表管理弁法」が修正され、その名称が「毒性及び懸念化学物質ラベルと安全資料表管理弁法」(以下、弁法と略称)に変更されました。 詳細
  •  去年1月の新規収録に続いて、今月13日中国生態環境部(MEE)が公式サイトで公告2020年第1号を発表し、合計47の登記済新規化学物質を「現有化学物質名録(IECSC)」に追加しました。   詳細
  •  2019年12月23日、台湾環境保護署(EPA)は「毒性化学物質選別と認定作業原則」(以下、原則と略称)の修正版を公布しました。原則は「毒性及び懸念化学物質管理法」(TCCSCA)に従って更新され、... 詳細
  •  2019年12月9日、中国生態環境部(MEE)に所属する固体廃棄物と化学品管理技術センター(SCC)が「2019年度新化学物年度報告業務の展開に関する通告」を公布しました。 詳細
  •  中国では、「現有化学物質名録(IECSC)」に収録されていないものは新規化学物質と見なされ、製造・輸入する場合、事前に「新化学物質管理管理弁法(7号令)」に基づき、登記する必要があります。一方、現在のIECSCに収録されている物質は5万件も満たず、... 詳細
  •  「新化学物質環境管理弁法(7号令)」が2010年から実施してきた以来、数多くの企業が《中国現有化学物質名録(IECSC)》に収録されていない化学物質の登記を行い、... 詳細
  •  ナノ材料は既に広範囲で使用されていることにより、韓国当局の要注意特別対象となっています。韓国環境省(MoE)は、化学物質の特性がナノ粒子の形で劇的に変化する可能性があるため、ナノ材料の登録時に個別の協議体を設立するよう企業に推奨しています。 詳細
  •  2019年11月6日、中国生態環境部(MEE)は「新規化学物質環境管理弁法」(環境保護部令第7号)に基づいて、2019年第6組新化学物質環境管理登記証(常規申告)... 詳細
  •  K-REACHを実施した以来、韓国国内のメディアから多くの報道で厳しく批判されてきました。最近、一部のメディアは、K-REACH規制の下で単一の物質の最大登録料を約1000億ウォンとなり、... 詳細
  •  韓国で年間製造量又は輸入量1トン以上の既存化学物質の事前登録は2019年6月30日に終了しました。韓国環境省(MoE)は最近、事前登録物質に関する概要を発表しました。 詳細
  •  2019年9月12日、台湾労働安全衛生局(MoL)は「優先管理化学品の指定及び管理弁法」の第8条に基づいて、10種類の特定優先管理化学品の取り扱い企業から追加の運用情報の提出を要求する通知を発表しました。 詳細
  •  2019年9月18日、台湾環境保護署(EPA)で台湾REACHに関する会議が開催され、非動物試験が重点課題として議論しました。これらの議論は、台湾において新規及び既存の化学物質の登録要件に準拠するために、 詳細
  •  台湾「新化学物質及び既存化学物質資料登録弁法」の規定により、年間1トン以上の106種の優先既存化学物質(PEC)の標準登録は、2020年1月1日から実施される予定です。 詳細

ページ