ウェブセミナー
2024-08-01
グリーン・サステナビリティの背景にした代替化学物質の評価ツールの発展
言語:日本語
講師:段旭東(ダン キョクトウ)
無料
新規登録/ログインしてから参加申込または資料の確認が可能です。
前書き

 不純物の研究とコントロールは、医薬品の研究開発の重要な一部であり、研究開発と製造の全過程において有機的に結合しています。製薬企業が医薬品の不純物を総合的かつ正確に管理できるかどうかは、医薬品の品質の管理性と安全性に直結し、医薬品の一貫性評価の重要な指標でもある。3R(Replacement、Reduction、Refinement)原則の実施と研究開発コストと効率のトレードオフに基づき、より多くの企業が医薬品開発において動物実験の代わりに計算毒性学の使用を選択しています。

 しかし、医薬品の不純物には多くの種類があり、国によって規制要件が異なるため、製薬会社はどのようにして適切な管理戦略とソリューションを選択できるのでしょうか?計算毒性学と実験毒性学の専門的な視点から、国内外の医薬品不純物管理プロセスにおける規制要件、管理戦略、解決策を体系的に説明し、製薬企業の不純物研究に新たなアイデアをもたらすことを期待します。

 2023年にドイツのボンで開催された国連第5回化学物質管理国際会議において、「化学物質に関するグローバル・フレームワーク」と「ボン宣言」が採択されたことは、化学物質のグリーンで持続可能な移行に向けた強力な政治的推進力となりました。 発展的な優位性を持つ欧州と米国は、化学物質が人の健康と環境に与える影響を長い間認識し、化学物質の危険性を低減するためのさまざまなメカニズムを確立してきました。 こうした政策に基づき、欧米企業はサプライチェーンの川上で原材料の透明性と危険有害性の特定に関する新たな要件を設けており、欧米に輸出する国内企業にもさらなる課題をもたらしています。REACH24Hは長年にわたりUNEP、米国、欧州のグリーンケミカル政策をフォローし、多くの企業が化学物質の持続可能な転換という課題に成功するよう支援してきました。 今回の会議では、REACH24Hはグリーンケミストリーに焦点を当て、欧米における危険有害性の識別と代替品の評価方法と応用分野を紹介し、企業が国境を越えた持続可能な発展のニーズに正しく迅速に対応できるよう支援し、企業の円滑な貿易をエスコートします。

講演内容(予定)
  1. グリーン・サステナビリティの世界的な傾向

  2. 欧米におけるグリーンな代替評価戦略

  3. 欧米企業のグリーン変革事例

  4. 中国国内企業の課題

内容は最終のPPTに基づいてください。

開催日程

日付時間(GMT+9)言語
2024年8月1日(木)

15:00-16:00(日本時間)

日本語

注意:今回のウェブセミナーはWeb会議サービスWebex(ウェブエックス)を使用することになります。パソコン・スマートフォン・タブレット端末からのご参加は可能ですが、アプリケーションのインストールが必要の場合があります。

主催者情報


REACH24Hコンサルティング・グループ

 REACH24Hコンサルティング・グループは中国杭州市に本拠地を置くグローバルな技術サービス提供業者です。アイランド・アメリカ・中国台湾にも子会社が持ち、毒物学・安全評価・リスクアセスメントの専門家が多数在籍中です。24時間+グローバルの対応体制で、お客様にワンストップの国際市場進出サポートを提供しています。既に工業化学品・農薬と殺生物製品・化粧品・食品と食品接触材料・消費品など複数の業界をカバーしており、製品の登録から、法規制の情報提供、セミナー、そして、情報技術をベースとするサプライチェーン管理システムまでのサービスを提供しています。

 “コンプライアンスによる価値創造- Value in Compliance”という弊社の企業理念が示したように、会社が立ち上げる以来、世界各国数多くの政府機関・協会・社会団体に技術サポートを提供し、6000を超える取引先と信頼関係を結び、何万個の製品登録・登記及びコンサルティングプロジェクトを完成してきました。今後も引続きお客様に沿ったの効率高いソリューションを提供し、世界経済の持続可能な発展を貢献していきたいと思っております。

講演者
段旭東(ダン キョクトウ)
法規制コンサルタント
現在、日系企業向けの化学品法規制コンサルタントとして、主に中国新化学物質申告、台湾新規・既存化学物質登録、韓国K-REACH登録、グローバルGHSなどの法規対応、コンサルティングサービスを提供している。
関連ウェブセミナー
ご意見・ご要望
本サイトに関するご意見・ご要望は下欄にご記入ください。
提出