その他
  •  中国の「重点環境管理危険化学品目録」は、複数回にわたり発表される見通しとなっています。一回目の「重点環境管理化学品目録」は合計142物質が含まれています。また、中国当局は2013年3月~4月の間に産業協会を通じて各企業に一回目の意見募集を行いました。 詳細
  •  近年、中国で危険品輸送による事故は化学工業業界の急速な発展とともに増加傾向にあります。資産、人体の健康および環境への影響を低減するために、中国では危険品について特別な輸送条件を設定しています。中国では、危険品輸送の法規体系は、国際条約/規則、国家法律/行政法規、部門規章、技術標準の4段階が含まれます。 詳細
  •  《新規化学物質環境管理における問題及び意見収集に関する通知》の発表以降、産業界は積極的に意見を提出し、フィードバックや意見などが合計で、406条、約5.8万文字提出されました。そのうち、届出申請表関係が37条、ガイダンス関係が159条、その他の問題が116条、管理やプロセスにおける合理的なアドバイスが94条あります。収集された問題と情報に基づき、2013年度新規化学物質環境管理セミナーが北京で開催され、化学物質登録センターのスタッフ、専門家、政府関係者及び出席代表者がそれぞれの問題に対して深く検討を行いました。 詳細
  • 優良試験所基準(GLP)が1981年の経済協力と発展組織理事会で採択されて以降、GLPは化学管理分野においてますます重要な役割を果たし、国際調和の面でも確固たる基礎となっています。中国政府はGLP規範の実施およびGLP試験所の建設、そして国際経済協力と発展組織(OECD)の「GLP 原則と適合モニタリングに関する OECD シリーズ」およびその改訂版をすでに翻訳しています。 詳細
  •  中国国家質量監督検査検疫総局2002年第18号令「輸入塗料検査監督管理弁法」に基づき、中国は輸入塗料について登録と専門検査制度を実施することになりました。国家質量監督検査検疫総局で塗料専門検査試験所(以下専門検査試験所という)と輸入塗料登録機構を指定します。専門検査試験所は技術法規の要求に基づき、輸入塗料の強制的コントロール項目に関する専門検査業務を担当し、輸入塗料専門検査報告書を発行します。登録機構は輸入塗料登録申請の受付を担当し、専門検査結果などの事項を確認します。合格した輸入塗料を登録かつ検査し、検査検疫機構から入国貨物に検査検疫証明書を発行します。 詳細
  •  化粧品最終製品が環境保護部(MEP)(注:SFDA(国家食品薬品監督総局)は化粧品管理を担当)の管理下にない一方、中国の化粧用成分の製造と輸入は工業用化学品と同じく新化学物質環境管理弁法(別称 中国REACH、MEP 7号令)下の管理に入ります。 詳細

ページ