その他
  •  優良試験所基準(GLP)は、当初、医薬品や化学物質の非臨床試験のための国際的合意ガイドラインとして策定されました。中国化学規制を遵守し、リスク評価報告書を作成する企業は、少なからずGLP試験所と非試験所で生成されたデータの選択に直面します。一方、中国の規制コンプライアンス部門におけるGLPの推進は、「新化学物質環境管理弁法」として最近公布された重要な規制の一部に組み込まれていることからも読み取れます。    Chemical Watchによるインタビューでの、REACH24Hの専門家の関連問題へのコメントを共有します。 詳細
  •   2012年11月31日、中国海事局が「『船載貨物運送条件評価機構認定管理弁法』の印刷・配布に関する通知」((海船舶[2012]751号)以下「弁法」という)を発表し、各地方関連部門について「弁法」に則り船舶貨物運送条件評価機構の認定に関する業務を遂行することと、認定された評価機構リスト及び認定範囲が中国海事局ウェブサイトで公表されることを明確化しました。 詳細
  •  ここ数年、中国では危険貨物の輸出入運送量が急増しており、それに伴うリスクが大幅に増加しています。国内危険貨物の安全運送を強化し、国際危険貨物運送とリンクさせるため、政府は絶えず関連法規を更新し、新たな標準を制定しています。 詳細
  •  中国国家質量監督検査検疫総局2002年第18号令「輸入塗料検査監督管理弁法」に基づき、中国は輸入塗料について登録と専門検査制度を実施することになりました。国家質量監督検査検疫総局で塗料専門検査試験所(以下専門検査試験所という)と輸入塗料登録機構を指定します。専門検査試験所は技術法規の要求に基づき、輸入塗料の強制的コントロール項目に関する専門検査業務を担当し、輸入塗料専門検査報告書を発行します。登録機構は輸入塗料登録申請の受付を担当し、専門検査結果などの事項を確認します。合格した輸入塗料を登録かつ検査し、検査検疫機構から入国貨物に検査検疫証明書を発行します。 詳細