その他
  •  米国は多くの国家と同じく国連欧州経済委員会(UNECE)の提議による「化学品の分類及び表示に関する世界調和システム(GHS)」を既に採用しています。米国職業安全衛生管理局(OSHA)が公布した危険有害性周知基準(29 CFR 1910.1200)は一般的に、「HazCom」または「HazCom 2012」と略称します。OSHAはHazCom 2012の中で、国連GHSを更に受け入れ、理解が容易になるよう、その文書を米国ローカル版に変換しました。 詳細
  •  改定後の「危険化学品安全管理条例」(国務院591号令)は2011年12月1日から有効となり、中国危険化学品管理に最も重要な立法の支えとなりました。591号令の規定に基づき、各級の質量監督検査検疫部門は輸出入危険化学品および包装について検査を実施する責任を負っています。 詳細
  •  一言でいうと、欧州連合、中国と米国欧州三つの地域における安全データシート(SDS)の編集基準はすべて国連GHS基準に基づき、作成されたものです。欧州連合と中国は国連GHSが定めるSDSの16部分の内容を留めていますが、米国は12部分しか採用しませんでした。そのうち、第12、13、14、15の四部分について強制要求はありません。 詳細
  •  近年、中国で危険品輸送による事故は化学工業業界の急速な発展とともに増加傾向にあります。資産、人体の健康および環境への影響を低減するために、中国では危険品について特別な輸送条件を設定しています。中国では、危険品輸送の法規体系は、国際条約/規則、国家法律/行政法規、部門規章、技術標準の4段階が含まれます。 詳細