その他
  •  最近、MEE第12号令の履行についてまだ疑問を持つ業者が多くため、生態環境部固体廃棄物及び化学物質管理センター(SCC-MEE)は、関連のFAQsを公布しました。ChemLinked Japanは、MEE第12号令の理解とコンプライアンスを促進するために、このFAQsを翻訳しました。 詳細
  •  最近、MEE第12号令の履行についてまだ疑問を持つ業者が多くため、生態環境部固体廃棄物及び化学物質管理センター(SCC-MEE)は、関連のFAQsを公布しました。ChemLinked Japanは、MEE第12号令の理解とコンプライアンスを促進するために、このFAQsを翻訳しました。 詳細
  •  2020年11月に北京で開かれた"2020年食品接触材料安全フォーラム"では、食品接触材料に関する立法の進捗及び規制上可能な変化について意見が交わされました。本記事は、その中で食品接触用プラスチックとゴムに関する中国国家標準(GB)の新設/改正… 詳細
  •  中国長江保護法は2021年3月1日に発効され、長江流域の水上で指定される危険化学品の運輸が禁止されます。つまり、長江流域の水上で劇毒化学品の輸出入、転送、国境越えなどの運輸活動がすべてに禁止されます。ここで、長江保護法に関して注目されるいくつかの問題を説明します。 詳細
  •  2020年2月24日、EU化学品管理局(ECHA)は2020年書類評価と物質評価の統計情報を公布しました。そして、現在、登録トン数ごとに登録書類の審査率が20%以上になることを確保するために、化学物質編組により化学物質の評価が加速されています。 詳細
  •  近年、米中の経済・貿易摩擦が激しさを増しています。米国は華為をはじめとする中国ハイテク企業や昆侖銀行などの金融機関に対して、輸出規制などの制裁を行ってきました。 詳細
  •  ベトナム化学法則は、近年アジア太平洋地域で焦点となっており、ベトナム化学法(Law on Chemicals in Vietnam)も近い将来更新される予定です。ベトナム工業貿易部下の化学品局は、2020年9月にハノイでベトナム化学法の改正に焦点を当てた講演会を開催しました。 詳細
  •  今年4月1日から発効する「GB 38507-2020 インク中の揮発性有機化合物(VOCs)含量の制限」を最後に、中国は2020年に更新/新規制定した一連の揮発性有機化合物(VOCs)の含有量の制限に関する強制性国家標準(GB)は全部実施に移ることになります。 詳細
  •  過去2年間で、中国応急管理部は重大危険源に対するリスク観測早期警告システムを確立して、有害化学物質の生産及び保管企業の重大危険源の観測データと全面的に統合し、及び情報化管理を強化しました。同時に、 詳細
  •  環境保護法の規定により、当局は関連規定に従って汚染排出許可管理制度を実施する必要があります。汚染排出許可管理を実施する対象となる企業事業機構及びその他の生産経営者は、汚染排出許可証の要件に従って汚染物を排出 詳細

ページ