その他
  •  インドの「化学品(管理と安全)規則」(以下、規則と略称)は何年も起草されており、実施されるとインド市場で化学物質を扱う関係業者に大きな影響を与えます。そして、規則の最終版草案は、 詳細
  •  2019 年 3 月 11 日に公表された「新化学物質及び既存化学物質資料登録弁法(修正版)」(以下、弁法と略称)により、2020年1月1日から106種の指定優先既存化学物質は、2022年末まで台湾環境保護署に書類を提出して標準登録を完了しなければなりません。 詳細
  •  2019年11月13日、フィリピン環境と自然資源部は、行政命令DAO 2019–18「ポリマー及び低懸念ポリマー(PLC)予備製造/輸入申告の免除に関する規定」を公布しました。 詳細
  •  2018年11月26日、中国食品国家基準審議委員会は「食品安全国家标准 包装済みの食品のラベルの一般規則」意見募集案を発表しました。この意見募集案を基づく、本文は新規追加内容が重点として説明します。詳細は以下です。  1、食品名称の変化 詳細
  •  7月2日、「中華人民共和国環境影響評価法(一部改正)」が主席令第四十八号で公布され、2016年9月1日から実施することになります。当局に近い研究機構や、環境政策の作成に関わるシンクタンクの関係者によると、当局は今まで”強気”だった「環境影響評価」は今後段々弱体化させていくことがわかりました。 詳細
  • 2015年10月9日、メキシコはGHS実施文書である『作業場所危険化学危害とリストの鑑定と公示協調制度』を発表しました。(NORMA Oficial Mexicana NOM-018-STPS-2015, Sistema armonizado para la identificación y comunicación de peligros y riesgos por sustancias químicas peligrosas en los centros de trabajo)。 本文書は作業場所における化学物質と混合物の使用に対しての規定ですが、サプライヤーに安全データシート(SDS... 詳細
  •  2015年8月29日、中国の国家主席 習近平は第三十一号「主席令」に署名し、第12回全国第十六次会議を通過した「中華人民共和国大気防治法」に署名しました。当該法規は2016年1月1日より施行されます。 詳細
  •  シンガポール化学品標準委員会(Singapore Chemical Standards Committee)は2014年3月7日、「危険化学品及び危険物品に関わる危害情報伝達に関する新標準」(SS 586:2014)を公布、即日発効しました。新たな標準SS586は08年の旧版をベースに改正し、その第一部分でシンガポール国内における危険物の貯蔵及び陸路輸送について詳しく定めています。 詳細
  •  米国は多くの国家と同じく国連欧州経済委員会(UNECE)の提議による「化学品の分類及び表示に関する世界調和システム(GHS)」を既に採用しています。米国職業安全衛生管理局(OSHA)が公布した危険有害性周知基準(29 CFR 1910.1200)は一般的に、「HazCom」または「HazCom 2012」と略称します。OSHAはHazCom 2012の中で、国連GHSを更に受け入れ、理解が容易になるよう、その文書を米国ローカル版に変換しました。 詳細
  •  CLP法規EC 1272/2008は2013年5月、国連GHS文書4版に基づき更新され、国連文書の「化学品危険分類」及び「分類原則」と一致するようになりました。その後、多くのアジア各国はこれに応じ、2013年下半期には自国のGHS規則を発表しました。そのうち、最も注目される国は中国、日本及び韓国の三カ国となります。 詳細

ページ