その他
  •  化学物質を含有する製品を日本から中国に輸出する企業は、様々な法令をチェックすると思います。どのような法令チェックが必要なのでしょう。日本側の輸出法令と、中国側の輸入法令に大別されます。前者は輸出国に左右されず必要となるチェックです。主な日本の輸出に係る最も重要な法令は、おそらく外為法ではないかと思いますが、当講座では割愛します。  では、中国ではどのような法令を重点的にチェックすべきなのでしょう。 詳細
  •  2014年11月、「化学品試験合格実験室規範ガイドライン」、「化学品試験合格実験室適合性監督ガイドライン」、「化学品試験合格実験室検査及び審査ガイドライン」及び「化学品試験合格実験室検査報告編集ガイドライン」等四項GLP国家環境保護標準専門家審議会が環境保護部にて開催されました。 詳細
  •  重合体の登録は長く化学工業業界において強い関心を集めている重点です。K-REACHに基づく重合体の登録対象は(1)新規化学物質に属する重合体及び(2)既存化学物質の名録から選定され、公式に優先物質(PEC物質)と指定される重合体です。EU REACHでは、重合体を単量体で登録しますが、K-REACHでは、重合体全体を登録します。 詳細
  •  韓国において、新規化学物質登録は主に二つの法規:環境部(MoE)の「有毒化学品管理法」(TCCA)及び雇用労働部(MoEL)の「労働安全衛生法」(OSHA)によって管理されています。新しい「化学物質の登録及び評価等に関する法律」(K-REACH)が2015年1月1日より発行されると化学品の登録システムは大きく変わります。本文では、既存のTCCA及びOSHAとK-REACHとの共通点・相違点を分析、比較します。 詳細
  •  2010年10月より新化学物質環境管理弁法(環境保護部7号令)を実施して以来、「リスク管理」という理念がますます工業化学品業界に認知され、それに対応する企業も増加し、試験の手配、試験結果の解析、申告資料の準備及びリスク評価報告書の作成には多くの共通する問題が現れています。そのため、環境保護部固体廃棄物と化学品管理技術センターは2014年7月、セミナーを2回開催し、経験の交流と共有を促進し、申告企業が実際の申告で生じた問題を解決し、今後の新化学物質の申告過程を更に順調に行わせることにしました。 詳細
  •  混合物は単一成分物質と異なる物質であり、「新化学物質環境管理弁法」(以下「弁法」という)及び「新化学物質申告登記ガイドライン」(以下「ガイドライン」という)には明確な物質類型の区分はありませんが、申告表の第三部分「物質申告情報」には物質類別について3つの選択肢が設けられています。それは「唯一かつ分子構造が確定することができる」、「唯一ではない、分子構造が確定される」及び「ポリマー」です。 詳細
  •  中国の新化学物質申告では申告者が重要な物質情報が登記された用途、国内川下加工者、CAS番号、分子式や構造式、製造過程、ばく露や使用などにおいて機密とすることができるようになっています。加えて、中国の環境保護部(中国MEP)は機密請求に対して料金を請求していません。   詳細
  •  背景:あるヨーロッパのカスタマーが中国輸入企業に原料を提供する際に(1トン/年より少ない)、三つの物質が「中国既存化学物質目録」に収録されていないため、REACH24Hに申告代理サービスの提供を依頼しました。  これらの物質の製造プロセスは物理作用にのみ関係しているため、顧客は該当天然抽出物が免除原則に適用すると考えています。 詳細
  •  「新化学物質環境管理弁法」(以下は「弁法」と略称)は2010年10月から正式施行されました。「弁法」の実施は中国国内の新化学物質製造者および輸入者、中国国外の製造者に多大な影響を与えました。 詳細
  •  化学物質情報の公開は中国新規化学物質登記はもちろんEU REACH規制でも非常に重要なことであり、ことであり化学物質の安全性使用を理解しなければなりません。全ての情報公開が透明性のある規則に従わなければなりません。このような規則は公衆の物質安全使用に関する情報の獲得を担保しています。 詳細

ページ