専門家記事
  •  中国では、食品分野の基本法である食品安全法と、新規食品接触材料の関連規格及びその他の補助規則から、食品接触材料の規制システムを構成します。食品接触材料の管理は承認物質のポジティブリストに基づき行われます。 詳細
  •  国家基準GB 16740-2014により、保健食品とは特定保健効能もしくはビタミン及びミネラル補給を目的とした食品です。特定の対象者向けの食用に適しており、体の調整機能を持ちます。疾病治療が目的ではなく、急性、亜急性、もしくは慢性的に人に危害を与えません。 詳細
  •  中国工商と市場監督部門が公表されたデータによると、2017年中国の違法広告件数は32150件となります。違法32150件を業種別に見ると、1位は食品業で、全体の9.6%を占めます。 詳細
  •  今デジタル時代において、「知識は力なり」という言葉は誰にも実感していますが、中国市場では「データは力なり」と言った方がもっと適切かもしれません。私たちの日常生活のデジタル化が進むにつれて、世界範囲に生成されるデータ量が急激に増加しています。 詳細
  •  2018年11月26日、中国食品国家基準審議委員会は「食品安全国家标准 包装済みの食品のラベルの一般規則」意見募集案を発表しました。この意見募集案を基づく、本文は新規追加内容が重点として説明します。詳細は以下です。  1、食品名称の変化 詳細
  •  中国での危険物に係る法令は、そのほとんどが危険化学品安全管理条例に包括されていると考えてもよいでしょう。いつも日本企業を悩ませるSDSやラベルもこの条例が根拠法になります。中国では法律(条例)が頻繁に改訂されているのではなかろうかという声をよく耳にします。しかし、実際には2011年に施行された中国国務院第591号令(危険化学品安全管理条例の現行版)が施行されて以来、 詳細
  •  化学物質を含有する製品を日本から中国に輸出する企業は、様々な法令をチェックすると思います。どのような法令チェックが必要なのでしょう。日本側の輸出法令と、中国側の輸入法令に大別されます。前者は輸出国に左右されず必要となるチェックです。主な日本の輸出に係る最も重要な法令は、おそらく外為法ではないかと思いますが、当講座では割愛します。  では、中国ではどのような法令を重点的にチェックすべきなのでしょう。 詳細
  •  中国は世界有数の危険化学品生産・使用・輸出入及び消費大国です。2016年までの統計データによると、危険化学品関連企業は30万社近くに達しています(生産1.9万社・経営26.5万社・貯蔵0.55万社)。一方、2015年の天津危険物倉庫爆発事故以来、当局はもう危険化学品への監督管理を緩めることはできない状況に置かれています。そういう背景に、中国での危険化学品管理に関する改革が着実進んでいます。 詳細
  •  「新化学物質申告登記指南(改正版)」は、上位法規制である「中国新化学物質環境管理弁法(7号令)」との衝突により、今だに正式公表する見込みが立っていません。Chemlinked Japanこの前も報道したように、当局は指南改正版全文の代わりに、「データ要件」の部分だけを取り出し、単独公表する意欲が示してきました。 詳細
  •  7月2日、「中華人民共和国環境影響評価法(一部改正)」が主席令第四十八号で公布され、2016年9月1日から実施することになります。当局に近い研究機構や、環境政策の作成に関わるシンクタンクの関係者によると、当局は今まで”強気”だった「環境影響評価」は今後段々弱体化させていくことがわかりました。 詳細

ページ