専門家記事
  •  2020年8月17日、中国生態環境部(MEE)は公式サイトで、「新化学物質環境管理登記指南(意見募集案)に関するパブリックコメント募集の通知」を発し、2021年1月1日から発効する予定の「新化学物質環境管理登記弁法(12号令)」の下位法規である登記指南の案を公開しました。 詳細
  •  2020年6月26日、EU委員会は公式官報でCOMMISSION REGULATION (EU) 2020/878(以下、新SDS規制と略称)を公布しました。本改訂案は、REACH規制改定案、国連GHS改訂版、CLP新附属書VIIIなどの要件を組み合わせて、REACH規制の附属書 II化学物質安全性データシート(SDS)の作成に関する要件を修正し、 詳細
  •   「危害性化學品標示及通識規則」(以下、規則と略称)第18条の規定により、製造業者、輸入業者、又は供給業者が国家安全又は商業秘密を保護するため、SDSで以下の項目の開示を保留するために主管部門に申請することができます。 詳細
  •  インドの「化学品(管理と安全)規則」(以下、規則と略称)は何年も起草されており、実施されるとインド市場で化学物質を扱う関係業者に大きな影響を与えます。そして、規則の最終版草案は、 詳細
  •  2019 年 3 月 11 日に公表された「新化学物質及び既存化学物質資料登録弁法(修正版)」(以下、弁法と略称)により、2020年1月1日から106種の指定優先既存化学物質は、2022年末まで台湾環境保護署に書類を提出して標準登録を完了しなければなりません。 詳細
  •  化学物質に関連した潜在的な健康と環境の懸念が高まっているため、化学物質管理は中国の国内政策や世界中において長い間重要な役割を果たしてきました。化学物質の管理には、複数の産業、様々な当局、複雑な規制、基準、インベントリのネットワークが絡み合っています。 詳細
  •  2015年8月に発生した天津危険化学品倉庫の爆発事故を受け、中国の最高国家行政機関である国務院は翌年の11月に「危険化学品安全総合治理方案」を公表し、2016年12月から2019年11月までの3年間で、危険化学品の生産、貯蔵、使用、経営、輸送及び廃棄など各段階への管理を強化する計画を出しました。 詳細
  •  2019年11月13日、フィリピン環境と自然資源部は、行政命令DAO 2019–18「ポリマー及び低懸念ポリマー(PLC)予備製造/輸入申告の免除に関する規定」を公布しました。 詳細
  •  2019年10月7日、K-REACH既存化学物質連合登録協議体(CICO)が正式に運営開始しました。K-REACH第10条3項の規定により、年間製造量又は輸入量1トン以上の既存化学物質について、予備登録又は遅延予備登録を完了した企業のみが登録猶予期間を取得することができます。 詳細
  •  EU REACH登録の最終締切日から1年が経過し、2019年に欧州化学機関(ECHA)の重点は徐々に第2段階—物質評価に移行しました。ECHAの作業計画 詳細

ページ